国語言葉の意味

【ことわざ】「火に入る虫」の意味や使い方は?例文や類語を元日本語教師の大学院生がわかりやすく解説!

この記事では「火に入る虫」について解説する。

端的に言えば火に入る虫の意味は「自分から進んで災いの中に飛び込んでいくこと」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

今回は、ロシアで2年間日本語教師として働いた大学院生ライターの「むかいひろき」を呼んです。一緒に「火に入る虫」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/むかいひろき

ロシアの大学で2年間日本語教師として働いた経験を持つ大学院生。その経験を武器に「言葉」について分かりやすく解説していく。

「火に入る虫」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「火に入る虫」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「飛んで火に入る夏の虫」の意味は?

火に入る虫」は「飛んで火に入る夏の虫ということわざの略語です。よって「飛んで火に入る夏の虫」の意味をまずは確認していきましょう。「飛んで火にいる夏の虫」には次のような意味が国語辞典に掲載されています。

明るさにつられて飛んで来た夏の虫が、火で焼け死ぬ意から、自分から進んで災いの中に飛び込むことのたとえ。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「飛(と)んで火(ひ)に入(い)る夏(なつ)の虫(むし)」

「飛んで火にいる夏の虫」の略語表現である「火に入る虫」は、「自分から進んで災いの中に飛び込んでいくこと」という意味のことわざです。「ひにはいるむし」ではありません。「ひにいるむし」と読むので気をつけましょう。

「火に入る虫」の語源は?

次に「火に入る虫」の語源を確認しておきましょう。「火に入る虫」は「飛んで火に入る夏の虫」の略語表現と紹介しましたが、両者の語源はどうなのでしょうか。

皆さんは夏の夜の公園などで、青白い光を放つ街灯を見たことはありませんか?この街灯は「誘蛾灯」といって、蛾などの有害な昆虫や害虫をおびき寄せ、やってきたところを電圧などで殺し駆除してしまう装置です。この装置は、虫の光に集まるという習性を利用して作られています虫はどんなに後で危険なことがあっても習性には逆らえません。ですので、誘蛾灯でほかの虫が殺されていても、どんどん入ってしまうのですね。

そして、かつて電気がない時代はどうだったかというと、夜は明かりを得るために当然ながら火を燃やします。その明るい火に虫がおびき寄せられ、勝手に飛び込んで行って死んでしまう…ということが由来となって「飛んで火に入る夏の虫」「火に入る虫」ということわざが誕生しました。

\次のページで「「火に入る虫」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: