地学地球大気・海洋理科

5分でわかる日本における冬の天気の特徴!日本海側と太平洋側の違いは?理系学生ライターが徹底解説!

よぉ、桜木建二だ。今回は「日本における冬の天気の特徴」について解説していくぞ。

日本における冬の天気の特徴と聞くと、どのようなものを連想するだろうか。雪を連想する人、乾燥した空気を連想する人など様々だろう。このように様々なイメージをする人がいる理由は、日本の中でも地域によって冬の天気の特徴が異なるからだ。今回は各地域の冬の天気とそのメカニズムについて詳しく説明するつもりだ。ぜひ、この機会に日本における冬の天気の特徴について理解を深めてくれ。

環境工学を専攻している現役理系学生ライター通りすがりのペンギン船長と一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ID: ↑パーツ内本文:76文字
pen_teppo

ライター/通りすがりのペンギン船長

現役理系大学生。エネルギー工学、環境工学を専攻している。これらの学問への興味は人一倍強い。土壌、生態系、気象、地球温暖化について学んだこともある。

ID: ↑パーツ内本文:73文字

日本における冬の天気の特徴とは?

image by iStockphoto

今回の記事のメインテーマは、日本における冬の天気です。具体的には、冬の天気の特徴について解説します。また、冬の天気と関連性の深い気象現象についても解説しますよ。以上の内容は中学校の理科の教科書にも載っているような基礎的なものです。

ですから、地学をほとんど学んだことがない方であっても、冬の天気について比較的簡単に理解できるでしょう。また、地学全般に興味があり、これから本格的に学びたいという方もおられるかもしれません。冬の天気の特徴というテーマは、このような方にとっても良い教材になり得るものです。それでは早速解説をはじめていきますね。最初は、冬の天気の特徴を地方別に学んでいきましょう

ID: ↑パーツ内本文:296文字
ID: ↑パーツ内本文:0文字
ID: ↑パーツ内本文:0文字
no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

最初に日本各地の冬の天気について学ぶぞ。

ID: ↑パーツ内本文:20文字

1.太平洋側

1.太平洋側

image by Study-Z編集部

まずは、太平洋側の地域における冬の天気について学んでいきましょう。太平洋側の地域というのは、日本列島の中央部に存在する山地や山脈よりも南側の場所のことを指しますよ。太平洋側の地域では、冬季の間に空気が乾燥しやすくなり、晴天の日が多くなります。関東地方では、からっ風という乾燥した強い風が吹くことが有名ですよね。

晴天の日が多いことから、冬の太平洋側の地域では、過ごしやすい天気が続くようなイメージをされる方も多いかもしれません。ですが、実際は必ずしもそのようになる訳ではないのです。晴天の日が多いと、夜間の放射冷却により地面の温度が下がりやすくなります。これにより、気温が下がりやすくなるのです

ID: ↑パーツ内本文:299文字
次のページを読む
1 2 3 4
Share:
pen_teppo