国語言葉の意味

【慣用句】「バスに乗り遅れる」の意味や使い方は?例文や類語を元広報紙編集者がわかりやすく解説!

この記事では「バスに乗り遅れる」について解説する。

端的に言えばバスに乗り遅れるの意味は「時代遅れ」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

自治体広報紙の編集を8年経験した弘毅を呼んです。一緒に「バスに乗り遅れる」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/八嶋弘毅

自治体広報紙の編集に8年携わった。正確な語句や慣用句の使い方が求められるので、正しい日本語の使い方には人一倍敏感。

「バスに乗り遅れる」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「バスに乗り遅れる」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「バスに乗り遅れる」の意味は?

「バスに乗り遅れる」には、次のような意味があります。

1.世の中の進歩などに遅れる。
2.仲間や世間一般から置いてきぼりを食う。

出典:新明解国語辞典第七版(三省堂)「バスに乗り遅れる」

「バスに乗り遅れる」には、単に時間遅れてバスに乗り損なうという意味だけではなく世界の情勢に対して国家が一定の分野で時流に乗り遅れるという意味も含んでいます。むしろそのような意味合いで使われることのほうが多いでしょう。

情勢判断を誤った結果、意図せず違う方向に国を導く政策を取ると、国家を破滅させかねません。実際過去には、そのような歴史もあるのです。本当にそれ以外の選択肢がないのか、国にはよく検証する責任があるでしょう。

「バスに乗り遅れる」の語源は?

次に「バスに乗り遅れる」の語源を確認しておきましょう。「バスに乗り遅れる」という言葉はそれほど古い言葉ではありません。もっとも使われる方法はむしろ「バスに乗り遅れるな」という使い方が多かったようです。戦前の日本では、やがて世界は旧ソ連、ドイツ・イタリア、アメリカ・イギリスそして日本の四大勢力が支配するだろうと予想していました。その時流に乗り遅れることのないよう「バスに乗り遅れるな」という標語が広く流布されるようになり、やがて軍事同盟である「日独伊三国同盟」につながっていったのです。

最近の話では、毎日新聞がコラムで「地球温暖化対策」のため温室効果ガスの排出量を抑制するための「パリ協定」が発効しました。当時まだこの協定を批准していなかった日本に対して「バスに乗り遅れる」と警鐘を鳴らしていたのは記憶に新しいところです。

\次のページで「「バスに乗り遅れる」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: