国語言葉の意味

【慣用句】「言うもおろか」の意味や使い方は?例文や類語を読書好きWebライターがわかりやすく解説!

「言うもおろか」を使いこなそう

この記事では「言うもおろか」の意味・使い方・類語などを説明しました。簡単に復習しておきましょう。

「言うもおろか」とは、言うまでもない・言うのもばかげていると言いたい時に表現方法でしたね。当然で当たり前の事をわざわざ口にだすのはばかげている、といった時に用いられますよ。現代は「言うまでもなく」の方が一般的に使われていますね。「言うもおろか」も「言わずもがな」も、少し古い表現のように感じるので使いにくいかもしれませんが、日常の会話で「わざわざ言うほどでもないな」というシーンはたくさんあると思います。そんな時は是非「言うもおろか」を活用してみて下さい。この記事が参考になれば幸いです。

1 2 3 4
Share: