国語言葉の意味

【慣用句】「為す術もない」の意味や使い方は?例文や類語を元新聞記者がわかりやすく解説!

この記事では「為す術もない」について解説する。

端的に言えば、為す術もないの意味は「できる手段や方法がない」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

元新聞記者で、ライター歴20年のトラコを呼んです。一緒に「為す術もない」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/トラコ

全国紙の記者を7年。その後、雑誌や書籍、Webでフリーの記者などとして活動中。文字の正確さ、使い方に対するこだわりは強い。

「為す術もない」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速、「為す術もない」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「為す術もない」の意味は?

「為す術もない」は、慣用句です。ただ、「為す術もない」という言葉の意味を辞書・辞典で調べても、インターネットで検索しても、すぐに出てこないかもしれません。

この「為す術もない」の「為す」(成す)から、意味を紹介します。

1.(「為す」とも書く)ある行為をする。「無益の事を―・す」「―・すすべもなく敗れる」
2.物を作りあげる。仕上げる。また、事をしとげる。「一代にして産を―・す」
3.ある形・状態などをしている。「組織の体を―・していない」「球状を―・す」「門前市を―・す」

4.他の物に変える。他の状態にする。「新しい技法を自己のものと―・す」
5.役や位につかせる。任命する。
6.高貴な方のお出ましを仰ぐ。お出ましのあるようにする。
7.(他の動詞の連用形に付いて)意識してそのようにする。わざと…する。「敵と見―・す」

出典:デジタル大辞泉(小学館)「な・す【成す】」

「為す術もない」は、なすすべもない、と読みます。

この「為す」(成す)の意味はたくさんある中で、「為す術もない」は、一番最初の意味です。

そして、「術」は、じゅつではなく、すべ、と読み、目的を遂げるための手段、方法、手立てという意味。

つまり、「為す術もない」の意味は、行為をする手段や方法がない、できうることがない、手の施しようがない、手詰まりということになります。

「為す術もない」の語源は?

次に、「為す術もない」の語源を、確認しておきましょう。

この「為す術もない」という言葉の由来、いつ頃にできて、いつ頃から使われ始めたのかは、わかっていませんので、語源もはっきりしません。

ただ、「為す(成す)」「術」「ない(否定形)」と、3つの言葉が組み合わさった言葉です。手詰まりになったことなどを、いつ頃からか「為す術もない」と言われ始め、普及していったと考えられます。

\次のページで「「為す術もない」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: