国語言葉の意味

【慣用句】「火の中水の底」の意味や使い方は?例文や類語をたくさんの文章を扱ってきたライターがわかりやすく解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「火の中水の底」について解説する。

端的に言えば火の中水の底の意味は「辛苦の中」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

大手企業に35年以上勤務し、仕事でたくさんの文章を扱ってきたベテランのKAIKAIを呼んだ。一緒に「火の中水の底」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/KAIKAI

東京の大手企業に35年以上勤務し、仕事でたくさんの文章を扱ってきた経験を持つ。学生時代から国語が得意で言葉の意味や内容には自信あり。

「火の中水の底」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「火の中水の底」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「火の中水の底」の意味は?

国語辞典のサイトを検索してみると「火の中水の底」には、次のような意味があります。

ひどい苦しみや困難な境遇に実を置くたとえ。火の中水の中。

出典:デジタル大辞泉/コトバンク(小学館)「火の中水の底」

「火の中水の底」(ひのなかみずのそこ)とは、たとえ火の中や水の底に飛び込んでもかまわないということの例えから、どんなに辛いことがあってもなんのそのという意味です。「火の中水の中」とも言います。ここでの「水」とは川や海とっいった深い水中のことです。

同じ意味ですが言い方を変えて「火水に入る」とか「火水の底」とか「火水も厭わない」の三つの言葉があります。

「火の中水の底」の語源は?

次に「火の中水の底」の語源を確認しておきます。

信ぴょう性のある説を紹介しましょう。日本最古の歌集である「万葉集」に阿部郎女(あべのいつらめ)という女性が詠んだ歌の中に「火にも水にもわれなけなくに」というもがあります。これは「私は火の中、水の中にも飛び込む覚悟がある」という意味です。これが語源になったとされ、現代でも使われています。

その他にも源平の戦いを描いた「平家物語」の中にも、平維盛(たいらのこれもり)という武将が妻を説得する際に「火の中、水の底」という記載があるのです。

\次のページで「「火の中水の底」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: