国語言葉の意味

正座よりも正しい座り方?「胡坐をかく」の正しい意味や語源・使い方・類語など現役日本語教師がわかりやすく解説

この記事では「胡坐をかく」を勉強していきます。

「胡坐をかく」は「あぐらをかく」と読む。意味は「のんきにかまえる」です。男が座るときは、一般的に正座するより胡坐をかくことが多いと思う。この座り方が慣用句になると、新たな意味合いを持つことになるから日本語は面白いな。

正しく自信を持って使えるように、「胡坐をかく」の使い方や言葉の意味について、現役日本語教師のスヨメナと一緒に解説していきます。

ライター/スヨメナ

現役日本語教師。対面、オンライン問わず、世界中の国の人に日本語を教えている。ブログでも相手の立場に立って考え、わかりやすく発信していく。

「胡坐をかく」の意味・語源は?

image by iStockphoto

ここでは「胡坐をかく」の言葉の正しい意味と語源をしっかり押さえましょう。

「胡坐をかく」の意味は「いい気になること」

まずは辞書で意味を確認してみましょう。

1 あぐらを組んで座る。
2 のんきにかまえて、何の努力もしないことのたとえ。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「胡坐をかく」

「胡座(あぐら)をかく」には、”両足を前に組んで、楽に座る”といういわゆる座り方の一つである”あぐらで座る”という意味はもちろん、”のんきにかまえて努力しないこと”や”いい気になること”のたとえとしても使われる慣用句です。

「胡坐をかく」が座り方を指しているのか、たとえとして用いられているのか、会話や文章で遭遇したときは、前後の状況や文脈によって判断するのが良いでしょう。

茶道であぐらをかいても良い?

「あぐら」はもともと、貴族などの高貴な人が座るための座席や腰掛けのことを指していました。そして「あぐら」に座ることを「あぐむ」と呼び、それらが混同されて座り方が「あぐら」になっていったと言われています。

茶道は本来、「正座」で行うことが一般的です。しかし、古くは「あぐら」をかいて茶道をしていたという説があります。茶を広めたことで有名な千利休(せんのりきゅう)の江戸時代に彫られた肖像画で、彼はなんと「あぐら」をかいているのです。「正座」が普及したのは最近で「あぐら」のほうが正式な座り方だったのかもしれませんね。

\次のページで「「胡坐をかく」の使い方は?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: