国語言葉の意味

【慣用句】「ボタンを掛け違える」の意味や使い方は?例文や類語を日本文学科卒Webライターがわかりやすく解説!

この記事では「ボタンを掛け違える」について解説する。

端的に言えばボタンを掛け違えるの意味は「後になってから気づくこと」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

日本語が好きで日本文学科を卒業したハルを呼んです。一緒に「ボタンを掛け違える」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/ハル

日本語が大好きで日本文学科を卒業。現在は子供が言葉を覚えていく様子を見ながら日本語の奥深さを実感中。多くの人にそのよいところを紹介したいとの思いを込めて丁寧に解説する。

「ボタンを掛け違える」の意味や語源・使い方まとめ

image by PIXTA / 68284995

「ボタンを掛け違える」という言葉、聞いたことがあるのではないでしょうか。とはいえ、詳しい意味をと言われると困ってしまうかもしれませんね。どんな意味を持つ言葉でしょうか。それでは早速「ボタンを掛け違える」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「ボタンを掛け違える」の意味は?

まず初めに、「ボタンを掛け違える」の意味を国語辞典で確認してみましょう。「ボタンを掛け違える」には、次のような意味があります。

対処の方法を誤り、そのことが原因であとから不都合や食い違いが生じる。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「ボタンを掛け違える」

「ボタンを掛け違える(かけちがえる)」は、手順ややり方を最初の方で間違えたために、当事者間での認識や考えに、後々までずっと続くようなずれが生まれることを意味する慣用句です。食い違いや矛盾などがあったことに後になってから気づくことを表します。「ボタンを掛け違う」「ボタンを掛け間違う」などと言うこともありますよ。また名詞形で用いたい場合には「ボタンの掛け違い」と言うことができます。

「ボタンを掛け違える」の語源は?

次に「ボタンを掛け違える」の語源を確認しておきましょう。

洋服のボタンを掛ける時、一つ間違えるとその後がずっとずれてしまい、最後のボタンを掛ける時になって気づくということがありますね。「ボタンを掛け違える」という言葉は、まさにそこからきています。最初の方で何らかのずれが生じると、その影響がずっと続いてしまい、結局最後になって気づくということを表現しているのですね。

\次のページで「「ボタンを掛け違える」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: