国語言葉の意味

【慣用句】「縁起をかつぐ」の意味や使い方は?例文や類語を日本文学部卒Webライターがわかりやすく解説!

この記事では「縁起をかつぐ」について解説する。

端的に言えば縁起をかつぐの意味は「吉兆を推し量って行動すること」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

今回は日本文学部卒の現役WEBライター、ヒマワリを呼んです。一緒に「縁起をかつぐ」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/ヒマワリ

今回の記事を担当するのは、日本文学科卒で現役ライターのヒマワリ。専攻は近代文学だが、古典からマンガまで幅広く読んでいる。受験生家庭教師の経験を生かして、「縁起をかつぐ」についてわかりやすく丁寧に説明していく。

「縁起をかつぐ」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

縁起をかつぐ」は「えんぎをかつぐ」と読みます。「縁起」は、とても身近な言葉です。誰もが良く知っている言葉ですが、意味を聞かれると説明が難しいですね。この機会に「縁起」と言う言葉の由来や、どんな意味を持っているのかを覚えましょう。

それでは早速「縁起をかつぐ」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「縁起をかつぐ」の意味は?

まず初めに「縁起をかつぐ」の正確な意味を辞書からの引用で確かめてみましょう。「縁起をかつぐ」には、次のような意味があります。

1.ちょっとした物事に対して、よい前兆だとか悪い前兆であるとかを気にする。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「縁起を担ぐ」

2.何をする場合にも、縁起のいい・悪いを気にする。

出典:新明解国語辞典(三省堂)「縁起をかつぐ」

縁起がいい。縁起が悪い。と言う表現はよく耳にしますね。ちょっとした物事で、結果がよくなりそうだったり、悪くなりそうだったりすることです。「かつぐ」は、縁起や吉兆を気にすると言う意味を持っています。

つまり「縁起をかつぐ」は、ちょっとした出来事が結果の良し悪しに影響すると考えて、それにのっとって行動する、と言う意味なのです。漢字を用いて「縁起を担ぐ」と漢字で書く場合もありますので覚えておきましょう。

「縁起をかつぐ」の語源は?

次に「縁起をかつぐ」の語源を確認しておきましょう。

「縁起」と言う言葉は、もともとは仏教用語です。仏教で言う「縁起」とは、仏教の基本思想を表す重要な用語で、心の動きを含む全ての事象には、必ず原因となるものがある、と言う意味を持っています。この仏教用語「縁起」が、民間に広がる際に意味を変えていき、吉凶の前兆、良い事や悪いことが起きそうだと言う前兆、と言う意味で使われるようになりました。
また「縁起をかつぐ」の「かつぐ」には、迷信などを尊ぶと言う意味があります
こうして、ちょっとしたことで吉凶の前兆だと考え行動することを「縁起をかつぐ」と言うようになったのですね。

このように「縁起をかつぐ」は仏教用語「縁起」の意味が変化して一般的に伝わり、使われるようになった慣用句です。

\次のページで「「縁起をかつぐ」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: