国語言葉の意味

【慣用句】「一山当てる」の意味や使い方は?例文や類語を日本文学部卒Webライターがわかりやすく解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「一山当てる」について解説する。

端的に言えば一山当てるの意味は「運よく成功して大儲けすること」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

今回は日本文学部卒の現役WEBライター、ヒマワリを呼んだ。一緒に「一山当てる」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/ヒマワリ

今回の記事を担当するのは、日本文学科卒で現役ライターのヒマワリ。専攻は近代文学だが、古典からマンガまで幅広く読んでいる。受験生家庭教師の経験を生かして、「一山当てる」についてわかりやすく丁寧に説明していく。

「一山当てる」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

一山当てる」は「ひとやまあてる」と読みます。日常会話でもしばしば使われる慣用句ですから、聞いた事があるでしょう。しかし、「一山」とは、どんな山の事なのでしょうか。

それでは早速「一山当てる」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「一山当てる」の意味は?

まず初めに「一山当てる」の正確な意味を辞書からの引用で確かめてみましょう。「一山当てる」には、次のような意味があります。

1.投機などで当てて大もうけする。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「一山当てる」

2.投機的な事業などで好機を得て成功する。

出典:新明解国語辞典(三省堂)「一山当てる」

上記のとおり、「一山当てる」は投機などで成功し大儲けをすることです。

辞書の引用にも「投機」と言う言葉が使われていますね。「投機」とは、当たれば大きな利益が得られることを狙ってすることです。例えば、宝くじや、賭け事株や為替取引で利益を狙う事がこれに当たります。

つまり「一山当てる」は、宝くじなどで運よく大儲けしたり、株などの投資でチャンスに乗ってお金をもうける、と言う意味なのです。「運が良い」と言うニュアンスが含まれますから、実力で利益を得た時にはあまり使われません。

「一山当てる」の語源は?

次に「一山当てる」の語源を確認しておきましょう。

実は、「一山当てる」の「一山」は鉱山のことを指します。金や、銀の鉱山を見つけ採掘すると、大変な大儲けをすることができますね。つまり、「一山当てる」は、鉱山を掘り当てて大儲けをする、と言う比喩表現を使った慣用句なのです。

また貴重な鉱脈を掘り当てると言うことは、万に一つの幸運ですね。このことから「一山当てる」は、単に大儲けするだけではなく、幸運にも、運よく、と言うニュアンスが含まれるのです。

\次のページで「「一山当てる」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: