国語言葉の意味

【慣用句】「御釈迦様でも気がつくまい」の意味や使い方は?例文や類語を元予備校校舎長がわかりやすく解説!

この記事では慣用句「御釈迦様でも気がつくまい」について解説する。

端的に言えば御釈迦様でも気がつくまいの意味は「誰も気が付かないでしょう」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

元予備校校舎長で教育系ライターのみゆなを呼んです。一緒に「御釈迦様でも気がつくまい」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/みゆな

元大手予備校校舎長、現在は教育系のライター。国語、特に現代文の指導経験が豊富。難解な言葉や表現を中高生がスラスラ理解できるように解説するのが大得意。

「御釈迦様でも気がつくまい」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

御釈迦様(おしゃかさま)でも気がつくまい」という慣用句は、もしかしたら「御釈迦様でも気がつくめぇ」と舞台がかかった言い回しにしたほうが聞いたことがあるかもしれませんね。「お釈迦様」はあのお釈迦様のことですが、でも「お釈迦様が気づかない」とはどういうことでしょう?そして「お釈迦様が気づかない」という表現に込められた真意とは何なのでしょうか?

今回は「御釈迦様でも気がつくまい」をさまざまな角度から解説していきます。意外と日常会話でも使える表現なので、意味や語源・使い方を正しく押さえておきましょう。それでは始めます。

「御釈迦様でも気がつくまい」の意味は?

「御釈迦様でも気がつくまい」には、次のような意味があります。

だれも気がつかないだろう。御釈迦様でも御存じあるまい。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「御釈迦様でも気がつくまい」

「御釈迦様でも気がつくまい」とは、文字通り「お釈迦様でもご存知あるまい、知られることはないだろう」という意味です。お釈迦様というのは過去・現在・未来にわたって、この世からあの世まですべてを見通す存在ですよね。そんな存在ですら気がつくことはないほど、絶対に知れ渡ることはないだろう、知られることはないと強調して言うときに使う慣用句です。

「御釈迦様でも気がつくまい」の由来は?

次に「御釈迦様でも気がつくまい」の由来を確認しておきましょう。

そもそもの始まりは正確には分かっていませんが、「お釈迦様でも気がつくまい」という表現を有名にしたのは歌舞伎の人気演目である「与話情浮名横櫛(よわなさけうきなのよこぐし)」だといわれています。『切られ与三』(きられよさ)、『お富与三郎』(おとみよさぶろう)、『源氏店』(げんやだな)といった通称でも知られていますよ。

許されぬ相手に一目ぼれし合ったものの、仲を引き裂かれた男女。男は追われて満身創痍、女は自殺未遂をします。お互いが生きているとは知らぬまま別の人生を歩んでいた二人が、ふとしたきっかけで再会した、そのときに男が言ったセリフが「死んだと思ったお富が生きていたとは、お釈迦様でも気がつくめえ」だというわけです。

\次のページで「「御釈迦様でも気がつくまい」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: