国語言葉の意味

【慣用句】「意を尽くす」の意味や使い方は?例文や類語を読書家Webライターがわかりやすく解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「意を尽くす」について解説する。

端的に言えば意を尽くすの意味は「力を尽くして説明する」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

多くの学術書を読み、豊富な知識をもつハヤカワを呼んだ。一緒に「意を尽くす」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/ハヤカワ

学術書を中心に毎年100冊以上の本を読む、無類の本好き。人にさまざまな影響を与える言語、それ自体に強い興味をもち、言葉の細やかな表現にも並々ならないこだわりをもっている。

「意を尽くす」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「意を尽くす」の意味や語源・使い方を一覧形式で見ていきましょう。またその他「意を尽くす」は分類としては慣用句であるという点も抑えておきましょう。

「意を尽くす」の意味は?

「意を尽くす」というキーワードをネット上の辞典・辞書「コトバンク」で用語検索してみると、次のような記載があります。

1.考えをすべて言い表す。また、よくわかるように丁寧に言う。「―・した説明」

出典:デジタル大辞泉(小学館)「意を尽くす」

「意を尽くす」という言葉は、自身の考えが相手に伝わるように全身全霊をもって丁寧に話すことを表した言葉です。相手に対してどれほど真剣に、誠意をもって話したか、その様子を伝えるための単語となっています。主に第三者視点から、誰かの様子を指して使用されているという点に注意しましょう。

やや古風で格式張った表現ですが、現在でも時折文章中などに登場することがあります。また「意を尽くす」の他、「意を尽くした」、「意を尽くさず」、「意を尽くさない」など変化することも。こちらもあわせて覚えておきましょう。

「意を尽くす」の語源は?

次に「意を尽くす」の語源を確認しておきましょう。意を尽くすという言葉は「意」と「尽くす」という二種類の言葉を組み合わせて生まれました。「意」は心・気持ちを表す文字であり、「尽くす」はあるものを全て出し切るという意味をもった言葉です。

「意を尽くす」という言葉はこれら二つの単語を組み合わせて、心・精神・気持ちをすべて出しきってしまうように誠意をもって相手に自己の考えを伝えるという意味をもっています。気力の限り相手に伝えようとする、強い意思が込められた言葉ですね。

\次のページで「「意を尽くす」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: