国語言葉の意味

【慣用句】「一寸した」の意味や使い方は?例文や類語を元広報紙編集者がわかりやすく解説!

この記事では「一寸した」について解説する。

端的に言えば一寸したの意味は「ほんの少し」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

自治体広報紙の編集を8年経験した弘毅を呼んです。一緒に「一寸した」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/八嶋弘毅

自治体広報紙の編集に8年携わった。正確な語句や慣用句の使い方が求められるので、正しい日本語の使い方には人一倍敏感。

「一寸した」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「一寸した」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「一寸した」の意味は?

「一寸した」には、次のような意味があります。

1.大したことではない。わずかな。
2.かなりの。なかなかの。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「一寸した」

「一寸した」の読み方は「ちょっとした」です。「いっすんした」ではありませんから注意してください。「一寸」は尺貫法による長さの単位で、約3.03センチです。それほどわずかなものという意味を持っています。

「一寸」と書いて「ちょっと」と読むのは当て字で、ほとんどの国語辞典では漢字を使わずにひらがなで表記されているのが普通です。今日では漢字で「一寸した」と書いても読むことが困難な人が増えています。よほどこだわりがない限りは「ちょっとした」と書いたほうがいいでしょう。

「一寸した」の語源は?

次に「一寸した」の語源を確認しておきましょう。先ほど説明したとおり、「一寸」には「ほんのわずか」という意味があります。測る対象は時間、スポーツ競技の距離などいろいろです。

また「一寸の虫にも五分の魂(たましい)」とか「一寸の光陰軽んずべからず」といったことわざや警句もあります。「一寸の虫にも五分の魂」とはどんなに小さな弱者にも、それなりの意地があるという意味です。また「一寸の光陰軽んずべからず」とは、時間が過ぎ去るのは早いから、少しの時間も無駄にしてはいけないという意味があります。これらに関連して「一寸した」と表示されるようになったのが由来です。

\次のページで「「一寸した」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: