国語言葉の意味

【慣用句】「音に聞く」の意味や使い方は?例文や類語を日本語教師の大学院生がわかりやすく解説!

この記事では「音に聞く」について解説する。

端的に言えば音に聞くの意味は「うわさに聞く」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

今回は、ロシアで2年間日本語教師として働いた大学院生ライターの「むかいひろき」を呼んです。一緒に「音に聞く」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/むかいひろき

ロシアの大学で2年間日本語教師として働いた経験を持つ大学院生。その経験を武器に「言葉」について分かりやすく解説していく。

「音に聞く」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「音に聞く」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「音に聞く」の意味は?

「音に聞く」には、次のような意味が国語辞典に掲載されています。

1.人伝えに聞く。うわさに聞く。
2.名高い。有名である。「―・く勇将」

出典:デジタル大辞泉(小学館)「音(おと)に聞(き)・く」

音に聞く」は「1.うわさに聞く」「2.有名である」という2つの意味を持った慣用句です。「音に聞く 高師(たかし)の浦の あだ波は かけじや袖の 濡れもこそすれ」という小倉百人一首に掲載されている祐子内親王家紀伊の恋の和歌が有名ですよね。

学校で古典を習ったときにこの言葉を目にした方も多いと思いますが、実は現代でも使用されることがあります。なお、意味は古文のものと変化はありません。

「音に聞く」の語源は?

次に「音に聞く」の語源を確認しておきましょう。

「音に聞く」の正確な語源は分かっていません。ただ、古文で「音」は、現代語の「おと」以外にも「便り」「うわさ」「評判」という意味がありました。そして「音に聞く」という言葉自体が、奈良時代の8世紀後半の万葉集音聞(おとにきき)目にはいまだ見ぬ吉野川六田(むつだ)の淀を今日見つるかも」にすでに登場しています。

とても古くから使われている表現だということは間違いなさそうです。

\次のページで「「音に聞く」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: