国語言葉の意味

【慣用句】「言を俟たない」の意味や使い方は?例文や類語をプロダクション編集者がわかりやすく解説!

この記事では「言を俟たない」について解説する。
端的に言えば「言を俟たない」の意味は「すでに分かっていることなので、改めて言うまでもない」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。
ライターのflickerを呼んです。一緒に「言を俟たない」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/flicker

仕事柄、言葉からひらめきをもらうことがよくある。「なるほど。そういうことか!」と言葉への知識・関心がさらに一層広がるように、さらに編プロでの編集経験を活かし理解しやすい精確な解説を心掛ける。

「言を俟たない」の意味や語源・使い方まとめ

image by PIXTA / 73184909

それでは早速「言を俟たない」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「言を俟たない」の意味は?

「言を俟たない」には、次のような意味があります。

改めて言うまでもない。もちろんである。「事実そうであることは―◦ない」

[補説]「言葉を俟たない」とするのは誤り。

出典:コトバンク

「言を俟たない」は言うまでもなく明白である、言うまでもないという意味の慣用句です。

「言を俟たない」の語源は?

次に「言を俟たない」の語源を確認しておきましょう。それでは「言」の漢字の成り立ちについて説明しましょう。「言」は口と心の意味の音を示す「辛」とを合わせた字。口から出る心、つまり「ことば」を表します。

\次のページで「「言を俟たない」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: