国語言葉の意味

「去年今年」の意味や使い方は?例文や類語をプロダクション編集者がわかりやすく解説!

「去年今年」の使い方・例文

「去年今年」の使い方について例文を挙げて解説していきます。この言葉は、たとえば以下のように用いられますよ。

1.去年今年、今年も良い年にしましょう。

例文1からは年初めに昨年を振り返り、年の移り変わりをしみじみと感じている様子が読み取れます。

「去年今年」の類義語は?違いは?

image by PIXTA / 79716421

「去年今年」と似たような意味をもつ言葉をご紹介します。さっそく見ていきましょう。

その1「今となっては」

「今となっては」は現在すでに時機を逸している様子を表し、「このガンは一月前なら放射線治療も効果があるが、いまとなっては手遅れだ」などのように述語にかかる修飾語として用いられます。適切な時機を逸したために好ましくない結果が生じることについて、あきらめの暗示がありますよ。

「いまとなっては後の祭りだが、事故の後すぐに謝罪しておけば訴えられないですんだだろう」の「今となっては後の祭りだが」は、今さら騒いでも間に合わないがという意味。また、「今となっては」は「今さら」に似ていますが、「今さら」は好ましくない結果について憤慨・慨嘆の暗示があります

\次のページで「その2「今さら」」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: