英訳英語

【英語】「いつでもご連絡ください」は英語でどう表現する?英訳や使い方・事例を専門家がわかりやすく解説!

この記事では「いつでもご連絡ください」の英語表現について解説する。

この言葉の代表的な英訳は「Please feel free to contact me anytime.」ですが、幅広い意味やニュアンスを理解すると英語でも使いこなせるシーンが増えるぞ。

個別指導塾の元講師で、受験生の指導経験が豊富なライターさとみあゆを呼んです。一緒に「いつでもご連絡ください」の英訳や使い方を見ていきます。

ライター/さとみあゆ

個別指導塾で多くの受験生を指導してきた経験を持つ。そのノウハウを駆使し、受験生だけでなく社会人にも「使える英語」を伝授する。

「いつでもご連絡ください」の意味と使い方は?

「いつでもご連絡ください」は「いつでも」「ご連絡」「ください」に分けて考えられます。「ください」は何かをお願いする時に使いますね。そこで「いつでも」と「連絡」の意味を調べてみました

それでは、「いつでもご連絡ください」の意味と使い方をまずは見ていきましょう。

「いつでもご連絡ください」の意味

「いつでも」と「連絡」には、次のような意味があります。

[副]どんな時でも。常に。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「何時でも(いつでも) 」

1.関連があること。
2.気持ちや考えなどを知らせること。情報などを互いに知らせること。また、その通知。
3.二つの地点が互いに通じていること。また、異なる交通機関が一地点で接続していること。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「連絡(れんらく) 」

「いつでもご連絡ください」の使い方・例文

「いつでもご連絡ください」はどんな時でも情報や考えなどを知らせてくださいという意味です。丁寧な表現なので、ビジネスなどのややかしこまった場で使われています。次に「いつでもご連絡ください」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

1.ご質問等ございましたら、いつでもご連絡ください。
2.いつでもご連絡ください。すぐに担当の者がお伺いいたします。
3.本日サンプルを郵送いたします。ご不明点等がございましたらいつでもご連絡ください。

\次のページで「「いつでもご連絡ください」の英語での表現は?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: