国語言葉の意味

「気が回る」は誉め言葉?「気が利く」とは違う?意味・類義語・例文をwebライターがわかりやすく解説!

この記事では、「気が回る」について解説する。
「気が回る」「気が利く」「気を配る」…『気』がつく慣用句は多すぎるよな。それぞれ微妙にニュアンスが違うことは感覚的にわかるが、どう使い分ければいいかと気をもんでしまうやつも多いんじゃないか?
今回は気が回ってもあえてなにもしないことが多い、不精なライターであるぷーやんを呼んです。「気が回る」の意味と使われ方について、この記事では気を回して説明してもらおう。

ライター/ぷーやん

webライター歴6年。鍛えられた語彙と文章力は本業でも発揮され、社内ルールの書き換え担当に。引っ込み思案なため、なにか気付いたことがあっても、自分からは発信しないことが多い。

慣用句「気が回る」の意味って?

image by iStockphoto

それでは早速「気が回る」がどういうニュアンスの表現なのか、みていきましょう。

「気が回る」を辞書でみてみよう!

「気が回る」は、国語辞典に次のように書かれています。

1 細かいところまで注意がゆきとどく。「そこまで―・らなかった」
2 邪推する。
「もしやどこぞへ寄ってかと―・った」〈浄・千本桜〉

出典:デジタル大辞泉(小学館) 「気が回る」

「気」は『意識』、「回る」は『よく働く』という意味をそれぞれ持ちます。つまり「気が回る」とはあるシーンにおいて、「すみずみまで意識を向けている」ということになりそうですね。

\次のページで「例文でみる「気が回る」の使い方」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: