国語言葉の意味

【慣用句】「けちをつける」の意味や使い方は?例文や類語をたくさんの文章を扱ってきたライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「けちをつける」について解説する。

端的に言えばけちをつけるの意味は「悪く言う」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

大手企業に35年以上勤務し仕事でたくさんの文章を扱ってきたベテランのKAIKAIを呼んだ。一緒に「けちをつける」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/KAIKAI

東京の大手企業に35年以上勤務し、仕事でたくさんの文章を扱ってきた経験を持つ。学生時代から国語が得意で言葉やことわざの意味には自信あり。

「けちをつける」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは最初に「けちをつける」の意味や語源・使い方から見ていきましょう。

「けちをつける」の意味は?

「けちをつける」は辞書を検索すると次のような意味があります。

1.縁起が悪いと感じるようなことを、言ったりしたりする。
2.欠点を見つけて悪く言う。難癖をつける。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「けちをつける」

国語辞典にあるように「けちをつける」とは縁起が悪いことや相手の言動への嫌味を告げる意味を持つ慣用句です。相手にとって前向きなアドバイスではなく、すべて相手が嫌がるマイナスなイメージの言葉である点が特徴となります。

「けちをつける」の語源は?

次に「けちをつける」の語源を確認しておきましょう。

「けち」とは「怪事」(けじ)という不吉なことの前兆を表示する文字を使った言葉が音変化して「けち」と言われるようになり、「つく」が続いて「不吉なことが起こる」という意味の用語になりました。これが転じて「悪い噂などで物事が思うように進まない」という意味になったのです。これがさらに転じて「難癖をつける」ことを言うようになりました。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: