国語言葉の意味

「意気地が悪い」の意味や使い方は?例文や類語を読書家Webライターがわかりやすく解説!

「居心地が悪い」の使い方・例文

居心地が悪い」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

1.有名な飲食店に来たのは良いが隣の女性の食べ方が悪く、居心地が悪くなった

2.社長のご機嫌が悪く、怒鳴り声が飛び交う職場では、居心地が悪くストレスが溜まる

3.「お前は本当に腰抜けだな」と大勢の前でバカにされ、男性は居心地が悪い思いをしているだろう

1つ目の例文では、せっかく来た有名な飲食店での食事を楽しみたいのに、隣の女性の食べ方に気分を害してしまい、居心地が悪い状況です。2つ目の例文では、怒鳴り声を聞いていてイライラしてしまい、居心地が悪い状況を表しています。3つ目の例文は、大勢の前でバカにされて、その場から逃げ出したいと思うくらい居心地の悪い状況です。

どの例文も外部や環境の影響を受けて、不快な思いをしていることを表しています。

 
no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

ここまで「居心地が悪い」の意味や使い方について解説をしてきたぞ。「その場に留まっていて、良い感じのしないさま」「窮屈さや決まりの悪さ、苦痛などを感じているさま」というようなことを表現する時にも、使うことができることを理解できただろう。

ここからは、「居心地が悪い」の類義語や英和を紹介していく。今日で居心地が悪いを使いこなせるように、最後までしっかり読んでくれよな。

「居心地が悪い」の類義語は?違いは?

image by PIXTA / 50609925

「その場に留まっていて良い感じのしないさま」「窮屈さや決まりの悪さを感じている」という意味の「居心地が悪い」その類義語として挙げられるのは「煙たい」「気まずい」「面映い」という言葉です。

それぞれに「窮屈さ」「不快さ」「決まりの悪さ」を表しています。何かのキッカケがあったり、相手の特徴があったりしているので、一つずつ解説していきましょう。

その1「煙たい」

煙たい」は、けむたいと読みます。意味は窮屈に感じ、親しみが持てないさまです。「居心地と悪い」と、ほぼ同じ表現ですが、「煙」とは物が燃える際に発生するガスのこと。ガスを吸ってよい気分になる人は多くはないと思います。

そんな「」という漢字を使って窮屈な感じや、親しみが持てないさまを表す単語が「煙たい」です。「煙たい」は煙たがられている人自身に、自覚なく使われることもあります。

\次のページで「その2「気まずい」」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: