国語言葉の意味

【慣用句】「眉根を寄せる」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターがわかりやすく解説!

この記事では「眉根を寄せる」について解説する。

端的に言えば眉根を寄せるの意味は「顔を顰める」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

多くの学術書を読み、豊富な知識をもつハヤカワを呼んです。一緒に「眉根を寄せる」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/ハヤカワ

学術書を中心に毎年100冊以上の本を読む、無類の本好き。人にさまざまな影響を与える言語、それ自体に強い興味をもち、言葉の細やかな表現にも並々ならないこだわりをもっている。

「眉根を寄せる」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「眉根を寄せる」の意味や語源・使い方・関連する類義語を一覧でご紹介していきます。「眉根を寄せる」は慣用句であるという点も抑えておきましょう。

「眉根を寄せる」の意味は?

「眉根を寄せる」というキーワードをネット上の辞典・辞書で検索してみると、次のような記載があります。

1.不快感などから顔をしかめ、それによって眉の根本が中央に寄り合うこと。「眉を寄せる」とも言う。

出典:実用日本語表現辞典「眉を寄せる」

「眉根を寄せる」は人が不快感・怒りなどを感じた際に、眉の根本が自然に寄る様子を表現した言葉です。なにかムッとするような出来事があったときは、しかめっ面になり、眉がぐっと寄せられます。「眉根を寄せる」はこうした表情を表現して使われている言葉です。

また「眉根を寄せる」はその他に「眉を寄せる」、「眉をしかめる」、「眉をひそめる」などと書かれることもあります。込められている感情は、不快感・怒りのほか、心配・憂いなどもあり、特に限定されていません。「眉根を寄せる」はこうした感情を覚えた際の表情の動きを表現した単語です。

「眉根を寄せる」の語源は?

次に「眉根を寄せる」の語源を確認しておきましょう。眉根を寄せるは「眉根」と「寄せる」の二つの単語を組み合わせて生まれました。「眉根」とは眉の中でも、特に顔の中心に近い側の部分のことを指します。逆の顔の外側の端を指す「眉尻」と対象的な意味の言葉となっていますね。

「寄せる」は一箇所に集めることを指しており、「眉根を寄せる」とは両方の眉根を顔の中心へと寄せる様子を表現しています。こうした点を見ると、「眉根を寄せる」という表現は「眉を寄せる」という言葉よりも、人の表情の様子を少しだけ、より正確に表現した言葉だと言えますね。

\次のページで「「眉根を寄せる」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: