国語言葉の意味

【慣用句】「手を取る」の意味や使い方は?例文や類語を雑学大好きwebライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「手を取る」について解説する。

端的に言えば手を取るの意味は「指導する」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

国立大で国語学を学んだのタケルを呼んだ。言葉の解説を得意としていて、大学時代はクイズサークルに所属していたので雑学にも詳しい。一緒に「手を取る」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/タケル

某国立大で日本語学を専攻。記事作成においては、手を取るかのごとく丁寧な言い回しにすることを心掛けている。文字だけで読み手が理解できるようにと心を砕く日々だ。

「手を取る」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「手を取る」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「手を取る」の意味は?

「手を取る」には、次のような意味があります。

1.親愛の気持ちなどを表すために他人の手を握る。「—・って何度も礼を述べる」
2.親切に教え導くようすにいう。「初歩から—・って教え込む」

出典:デジタル大辞泉(小学館)「手(て)を取(と)・る」

慣用句である「手を取る」には2つの意味があります。

1つは、文字通りとも言える「他人の手を握る」です。特に親愛の気持ちを込めて手を握るときに使います。男女間に限られるものではありません。

もう1つが派生した意味である「親切に教え導く」です。塾で子供たちに親身になって勉強を教える講師などをイメージすると良いでしょう。

「手を取る」の使い方・例文

「手を取る」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: