国語言葉の意味

【慣用句】「夜の帳が下りる」の意味や使い方は?例文や類語を元塾講師がわかりやすく解説!

1.夜の帳が下りる前に帰ってきなさいね。

2.夜の帳が下りてしまって辺りがよく見えない。

夜の帳が下りる、つまり辺りは暗くなる状態です。子供たちの親御さん方は暗くなる前に家へ帰っておいでと言うでしょう。夜の帳が下りる、とってもきれいな表現ですが、暗い夜は危険もあります。気をつけましょうね!

ちなみに、カネコアヤノさんの楽曲『腕の中でしか眠れない猫のように』の中に「夜の帳が下りる頃には 猫のようさ」という歌詞があります。すてきな曲なのでぜひ聞いてみてくださいね!

「夜の帳が下りる」の類義語は?違いは?

image by PIXTA / 37093199

「夜の帳が下りる」の類義語はどんなものがあるでしょうか。

「日が沈む」

この言葉はよく使いますよね。日、太陽が傾いてくるとだんだん暗くなり、完全に見えなくなると辺りは真っ暗になります。「夜」や「闇」が現れるという言い方ではなく、日=明るいものが見えなくなっていく、という言い方で夜・闇の訪れを表しているのです。

1.仕事が長引いて気がつくと日が沈んでいた。

2.朝から日が沈むまで執筆に夢中になっていた。

夜遅くまで仕事をしたり趣味に没頭したりしていたら、窓の外の景色が変わっていた、ということは皆さんにもあるのではないでしょうか。

「夜の帳が下りる」の対義語は?

さて、今度は対義語です。いったいどんなものがあるのでしょうか。

\次のページで「その1「夜が明ける」」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: