国語言葉の意味

【慣用句】「右へ倣え」の意味や使い方は?例文や類語を元校閲者がわかりやすく解説!

「右へ倣え」の英訳は?

image by PIXTA / 39353192

最後に、「右へ倣え」を英訳するとどうなるかを見ていきましょう。

「follow suit」

「右へ倣え」を英語で言い回す場合は「follow suit」が適切でしょう。真似をするというニュアンスよりは、「先に続く」「前例にならう」といった意味合いが強い言葉です。なお口語ではカジュアルに「me-too」が使われることもありますね。例文を見てみましょう。

・If you don’t stop the habit of following suit just for the sake of appearances, you need to capture the essence and improve it to suit your own purpose.

上っ面で見た目だけ右へ倣えする習慣をやめにしないと、いつか失敗するよ。自分の目的に合わせて、本質を捉えて改良しないと。

・In my previous job, all I had to do was follow suit, but now I’m in a position that requires me to think, which is fulfilling.

前職は右へ倣えしておけばよかっただけから、今の仕事は思考力が求められるポストにつけたから充実しているわ。

「右へ倣え」を使いこなそう

この記事では「右へ倣え」の意味・使い方・類語などを説明しました。簡単に復習しておきましょう。

「右へ倣え」は慣用句としては真似をしたり追随したりするときに使用する言葉でした。隊列を組んだ際には文字通り自分の右手側へいる人と同じ動きをすることです。仕事上の会議でも打合せでも、「右へ倣って」ばかりですと信頼されないことが多いですから、オリジナリティのある発言や発信をしていかないといけませんね。

1 2 3 4
Share: