国語言葉の意味

「怖いもの知らず」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターがわかりやすく解説!

その1「fearless」

「fear」が「恐れ、心配」の意味ですから、「~がない」という接尾語lessがついて「恐れを知らない、大胆不敵な」を表します。「without fear」でも同じ意味になりますよ。

また、recklessを使うと「向こう見ずな、無謀な」の意味で、「怖いもの知らず」の中でも無鉄砲なニュアンスを表しやすくなります。

その2「adventurous」

「冒険好きな、大胆な」の意味です。は日本語でも「冒険」の意味で「アドベンチャー」とよくいいますから、覚えやすいですね。単に実際の冒険が好きな場合以外にも、「危険なほど大胆な」という意味で使えますよ。映画や漫画の主人公はこのadventurousな性格であることが多いのではないでしょうか。はたから見ればほほえましくても、もし我が子だったら親は常に心配していることになりそうな気もします。

「怖いもの知らず」を使いこなそう

この記事では「怖いもの知らず」の意味・使い方・類語などを説明しました。桜木先生のおっしゃるとおり、年を重ねるごとに言い訳が増え、新しい挑戦は難しくなるのかもしれません。私も何か怖いもの知らずなチャレンジをしてみたくなりました。その際はぜひ、「無鉄砲」のほうではなく、これまでの経験に裏打ちされた自信を持っての「怖いもの知らず」でありたいものです。

1 2 3 4
Share: