国語言葉の意味

「一緒になる」の意味や使い方は?例文や類語を現役塾講師ライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「一緒になる」について解説する。

端的に言えば一緒になるの意味は「ひとつになる」や「結婚する」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

現役のオンライン塾講師でライターのななを呼んだ。一緒に「一緒になる」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

nana1992

ライター/なな

現役のオンライン塾講師であり、現在はライターとしても活動している。作文の添削をする際にひたすら辞書を引いた経験から、正しい日本語について常に考えるようになった。日本語の奥深さを伝えたいという熱い思いをもっている。

「一緒になる」の意味や使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「一緒になる」の意味や使い方を見ていきましょう。

「一緒になる」の意味は?

「一緒になる」には、次のような意味があります。

1.複数のものが合わさって一つになる。落ち合う。「弟と駅の改札口で―・る」

2.夫婦になる。「晴れて―・る」

出典:デジタル大辞泉(小学館)「一緒になる」

「一緒になる」には、「複数のものがひとつになる」「結婚する」の大きく2つの意味があります。辞典で説明されているように、「ある場所で誰かと落ち合う」というときや、「合体する、結合する」を表すこともあり、「複数のものがひとつになる」には幅広い意味合いがあるといえるでしょう。例文で詳しく見ていきます。

「一緒になる」の使い方・例文

「一緒になる」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

1.家族で動物園に出かけたところ、偶然仕事仲間と一緒になった。

2.新年度になり、親友とクラスが一緒になって嬉しい。

3.よりよいサービスの提供を目指し、2つの会社が一緒になった。

4.週末のデートで彼女に「一緒になろう」と言い、プロポーズするつもりだ。

1つ目の例文は、「ある場所で出会う」という意味で「一緒になる」を使っています。別々に出発して合流するときや、偶然出会った場合に「一緒になる」が使えるでしょう。

2の例文は「同一」や「合致する」の意味合いで「一緒になる」を使用した例、3は「バラバラだったものが合体する」という意味で用いた例文です。どちらも辞典の1つ目の意味である「複数のものが合わさる」に含まれるでしょう。

最後の例文の「一緒になる」は「結婚する」の意味です。恋愛関係にある人どうしが「一緒になる」といえば、「結婚する、夫婦になる」という意味になるのですね。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

ここまで「一緒になる」の意味や使い方を解説してきたぞ。「複数のものやバラバラだったものが、合体や合流、合致すること」がキーワードになりそうだ。ところで、「ある場所で出会う」や「結婚する」の意味の「一緒になる」には、その他の表現があるのだろうか。関連する用語もしっかり確認しよう。

「一緒になる」の類義語は?違いは?

image by iStockphoto

次に、「一緒になる」の類義語を確認していきます。

その1「鉢合わせする」

「ある場所で出会う」の意味での「一緒になる」には、「鉢合わせする」が類語となるでしょう。「鉢合わせする」は「思いがけず出会う」という意味をもち、「偶然にも」というニュアンスが強い言葉です。「昨日けんかした相手と、デパートで鉢合わせしてしまった」のように使います。

その2「出くわす」

「出くわす」も「偶然出会う」という意味をもち、「一緒になる」の類語といえそうです。また「出くわす」は、「災難に出くわす」のように人間以外にも使えます。漢字表記はさまざまあるようですが、「出会す」などと書くようです。

その3「居合わせる」

「居合わせる」は「ちょうどそこに居る」という意味です。「事故現場に居合わせる」や「部屋に偶然居合わせた人たち」などと使います。

その4「身を固める」

「結婚する」の意味での「一緒になる」には、「身を固める」が類語といえます。「自分もそろそろ身を固める年齢だ」などはよく使う表現ですね。

次のページを読む
1 2 3
Share:
nana1992