国語言葉の意味

【慣用句】「一刻を争う」の意味や使い方は?例文や類語を早稲田文学部卒Webライターがわかりやすく解説!

この記事では「一刻を争う」について解説する。

端的に言えば一刻を争うの意味は「わずかな時間も無駄にできない、急を要すること」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

早稲田大学文学部で日本文学・日本語学を学んだぽん太を呼んです。一緒に「一刻を争う」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/ぽん太

早稲田大学文学部で日本語学と日本文学を学び、中高国語科の教員免許も取得している。これまで学んだ知識を生かして、難解な言葉をわかりやすく解説していく。

「一刻を争う」の意味や語源・使い方まとめ

image by PIXTA / 25474190

それでは早速「一刻を争う」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「一刻を争う」の意味は?

「一刻を争う」を国語辞典で調べると、次のような意味がありました。

少しの時間も無駄にできず、急がねばならない。急を要する。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「一刻を争う」

「一刻(いっこく)」とは、わずかな時間を意味する言葉です。昔の時間では、「一刻」は一時の4分の1を表す言葉でもあり、今の約30分間と同じ意味になります。現代では、わずかな時間というのは1分、2分くらいのように感じますが、昔はそのような短い時間を表す言葉がありませんでした。だから、より短い時間を表す「一刻」という言葉を使って、差し迫った状況を表現したのですね。

「一刻を争う」の語源は?

次に「一刻を争う」の語源を確認しておきましょう。

「一刻を争う」のはっきりとした語源は見つけることができませんでした。しかし、「一刻」という言葉はずいぶん昔から使われていたようです。日本には「時刻制度」というものがあり、奈良時代から「一刻」という単位は存在していました。現在使われているグレゴリオ暦以前には多くの暦の入れ替わりがありますが、時間の長さは異なりながらも「一刻」という単位は使われ続けています。そうしたことから考えると、「一刻を争う」という言葉は、本当に昔から使われていた可能性も考えられますね。

ちなみに時刻制度を調べてみると、時間のまとまりのとらえ方が現代とは大きく異なっていて面白いですよ。興味のある人はぜひ検索してみてください。

\次のページで「「一刻を争う」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: