理科環境と生物の反応生物生物の分類・進化細胞・生殖・遺伝

根のつくりと働きを確認しよう!植物の根には2タイプある?現役講師が解説します

よぉ、桜木建二だ。今回は、植物の「根」に焦点を当ててみていこう。

植物にとって根は、生存のために欠かすことのできない器官だ。根にはどんな働き(役割)があるのか、どんなつくりをしているのか…根について改めて学んでいく。中学の理科でも勉強する内容だが、ぜひ復習してほしい。

大学で生物学を学び、現在は講師としても活動しているオノヅカユウに解説してもらおう。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

yu_onozuka

ライター/小野塚ユウ

生物学を中心に幅広く講義をする理系現役講師。大学時代の長い研究生活で得た知識をもとに日々奮闘中。「楽しくわかりやすい科学の授業」が目標。

根は何のためにある?

まずは、根(根っこ)は何のために存在するのか…根の”働き”を確認しておきましょう。根にはいくつかの役割がありますが、ここでは代表的なものを3つあげたいと思います。

根の働き1.水や養分の吸収

植物の根にある最大の役割は、地中の水や栄養分を吸収することです。ここでいう栄養分というのは、おもに「無機塩類(無機養分)」をさします。

無機塩類が溶けた水分を根から吸収ことで、植物のからだはそれらの栄養を取り入れているのです。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

ずっと気になっていたんだが…無機塩類という言葉がピンとこない生徒がいるんだ。学校の先生は当たり前のようにこの言葉を使うが、詳しく説明してくれないか?

そうですね。あまり細かく説明しようとすると化学の範囲に入ってしまうので簡単に。

生物の体に必要な無機塩類というのは、カリウム、カルシウム、マグネシウムといった、いわゆる”ミネラル”などのことだと思ってください。私たちは細胞の栄養源として糖を必要としますが、細胞が正常に機能するためにはナトリウムやカリウムといったミネラルが必要ですよね。

image by iStockphoto

また、タンパク質をつくるには窒素という元素が不可欠です。私たちは肉などのタンパク質を食べて窒素を得ていますが、植物は硝酸イオンアンモニアイオンの形で窒素を取り入れます。そのようなイオンも無機塩類に含まれるのです。

根の働き2.からだの固定

根の役割の二つ目は、植物のからだを地面にしっかり固定するということです。

これは当たり前のことのように思えますが、植物にとっては重要なポイント。根が弱く、簡単に倒れてしまうような植物は、生育にも不利だと思いませんか?

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
yu_onozuka