国語言葉の意味

「メスを入れる」のはどんな時?意味・使い方・類義語などを日本放送作家協会会員が解説

この記事では「メスを入れる」について解説する。
端的に言えば、メスを入れるの意味は「根本的解決のために非常手段をとること」です。マスコミの報道などで見かける言葉ですが、使いこなせているか?
日本放送作家協会会員でWebライターのユーリを呼んです。「メスを入れる」の意味や語源をチェックし、例文や類義語などを見ていきます。

ライター/ユーリ

日本放送作家協会会員。シナリオ、エッセイをたしなむWebライター。時代によって変化する言葉の面白さ、奥深さをやさしく解説する。

「メスを入れる」の意味・語源・使い方

image by iStockphoto

さっそく「メスを入れる」の意味や語源をチェックし、例文で使い方を見ていきましょう。

「メスを入れる」の意味

まず、国語辞典で「メスを入れる」の意味をチェックしましょう。

1外科医がメスを用いて切開する。
2根本的解決のために非常手段をとる。事態を厳しく追及し批判する。また、事態解決に着手する。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「メスを入れる」

「メス」とは、外科手術や解剖のときに使用する鋭利な刃物のこと。「メスを入れる」の意味の一つは、文字通り「手術などで外科医がメスを用いて体を切開すること」です。また「根本的解決のために非常手段をとる」「事態を厳しく追及し批判する」「事態解決に着手する」などの意味でも使われています。

「メスを入れる」の語源

「メスを入れる」の本来の意味は「外科医がメスを用いて切開すること」です。手術で体を切開し病巣を取り除くことは、痛みをともないますし体に負担もかかります。しかし病気を根本から完全に治すためには必要なことですね。それで「外科医がメスで切開すること」から転じて「根本的な解決のために非常手段をとる」という意味で使われるようになったのです。

「メスを入れる」の使い方

例文で「メスを入れる」の使い方を見ていきましょう。

\次のページで「「メスを入れる」の類義語」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: