国語言葉の意味

【慣用句】「値が張る」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターが解説!

その2「overpriced」

「over」がついていることからわかるように、「高すぎる、値段が法外なを意味します。内容に対して価格が見合わないなど、不当に高いと感じる場合に使える表現ですよ。

ID: ↑パーツ内本文:81文字
no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

うんうん、買い物は日常生活に欠かせない行為だし、何にいくら使うかは生活に直結する重要な問題だ。だから、「値段」に関する慣用句もいろいろあるんだろうな。賢い主婦は、あちこちのスーパーの底値をチェックして何軒も回るなんて聞いたこともあるぞ。俺としては、ご近所から野菜のおすそ分けがもらえたりする田舎暮らしのよさも捨てがたいがな。

ID: ↑パーツ内本文:162文字

「値が張る」を使いこなそう

この記事では「値が張る」の意味・使い方・類語などを説明しました。筆者の場合、美味しい料理やお酒などグルメ関係では多少値が張ろうと気にせずお金を使ってしまいます。他方、ファッション関係には疎く、高級ブランドの服に散在することもまずありません。こうした価値観が近い人とは、人間関係も円満に続けやすいと感じます。自分のお金の使いみちを把握することは興味の程度を知ることでもあり、友人関係や結婚相手との関係構築にも役立つのではないでしょうか。

ID: ↑パーツ内本文:217文字
1 2 3 4
Share: