国語言葉の意味

【慣用句】「値が張る」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターがわかりやすく解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「値が張る」について解説する。

端的に言えば値が張るの意味は「値段が高い」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

国語力だけでこれまでの社会人生活を乗り切ってきたライター、ヤザワナオコに、「値が張る」の意味や例文、類語などを説明してもらおう。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/ヤザワナオコ

コールセンターの電話応対指導やマナー講師、テレビ番組の字幕製作経験もあるライター、ヤザワナオコ。

もちろん意味は知っているが、「値が張る」を自分で口に出して言ったことはないとのこと。この言葉からは、ドラマや映画でお金持ちの奥様が「ちょっと値が張るだけのことはあるわね」などと言っているイメージが思い浮かぶとか。値が張るとはどんなときに使う言葉なのか、単なる「高い」とはどう違うのか、解説してもらう。

「値が張る」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「値が張る」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「値が張る」の意味は?

「値が張る」には、次のような意味があります。

値段が普通よりだいぶ高くなっている。


出典:デジタル大辞泉(小学館)

買い物をする際に、その商品に対して通常想定する価格より高い値段がついていることを指すのが「値が張る」。ここでいう「高い」かどうかは、個人の主観による部分が大きく、収入や生活レベルによっても高いと感じるかどうかは異なることでしょう。

いずれにしても、例えばデパートで欲しい服の値段を見て「高くて無理」と思った場合に、そのとおり伝えるのが気が引けるなら「思ったより値が張るのでやめておきます」などと使うと便利なのがこの言葉です。直接的に「高い、安い」と言わずに婉曲に表現できる表現といえますね。

「値が張る」の語源は?

次に「値が張る」の語源を確認しておきましょう。「値」は値段、価格のこと。「値上がり・値下がり」などと使う場合と同様ですね。そして「張る」はここでは普通以上に増えていることをいいます。ですから「値が張る」は、その品物について適正と考えられる価格よりも高い値がついていることをいうのです。ただ、繰り返しになりますが「適正な価格」はあくまでも個人それぞれが判断することなので、何は何円以上なら「値が張る」という明確な基準は存在しません。

\次のページで「「値が張る」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: