国語言葉の意味

【慣用句】「百歩譲る」の意味や使い方は?例文や類語をたくさんの文章を扱っていたライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「百歩譲る」について解説する。

端的に言えば百歩譲るの意味は「最大限に譲歩する」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

大手企業に35年以上勤務し、仕事でたくさんの文章を扱ってきた経験を持つベテランのKAIKAIを紹介しよう。一緒に「百歩譲る」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/KAIKAI

東京の大手企業に35年以上勤務し、仕事でたくさんの文章を扱ってきた経験を持つ。学生時代から国語が得意で言葉の意味には自信あり。

「百歩譲る」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「百歩譲る」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「百歩譲る」の意味は?

「百歩譲る」には、辞書を引くと次のような意味があります。

自説を引っ込め、相手の主張を大幅に認める。最大限に譲歩する。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「百歩譲る」

「百歩譲る」とは、「自分の主張を引っ込めて、相手の主張や言い分を最大限に尊重する」いう意味です。
嫌々相手の意見を了承するというニュアンスがあります。何か違うと思いながらも一部は譲歩するが、全体的な主張は譲らないという意味で使われることが多いです。

本来は「一歩譲る」という言葉だったのですが、一が誇張して百という数字が次第に使われるようになり、こちらの方が定着しました。

「百歩譲る」の語源は?

次に「百歩譲る」の語源を確認しておきましょう。

元々の由来は相手に前面に立ってもらい、自分は後ろに待機するという意味で「一歩譲る」だと言われています。これが、「相手の主張を一部認める」という意味で使われるようになり、その後「一歩」が「百歩」と大げさに表現されるようになりそれが定着したのです。

「千歩譲って」などとさらに大げさに言う人もいますが、これは造語と言うべきでしょう。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: