英訳英語

【英語】「シルバーシート」は英語でどう表現する?英訳や使い方・事例を専門家がわかりやすく解説!

この記事では「シルバーシート」の英語表現について解説する。

この言葉の代表的な英訳は「priority seat」ですが、幅広い意味やニュアンスを理解すると英語でも使いこなせるシーンが増えるぞ。

個別指導塾の元講師で、受験生の指導経験が豊富なライターさとみあゆを呼んです。一緒に「シルバーシート」の英訳や使い方を見ていきます。

ライター/さとみあゆ

個別指導塾で多くの受験生を指導してきた経験を持つ。そのノウハウを駆使し、受験生だけでなく社会人にも「使える英語」を伝授する。

「シルバーシート」の意味と使い方は?

「シルバーシート(silver seat)」をそのまま直訳すると、「銀色の座席」となりますね。しかし実際の「シルバーシート」は必ずしも「銀色」というわけではなさそうです。それでは、「シルバーシート」の意味と使い方をまずは見ていきましょう。

「シルバーシート」の意味

「シルバーシート」には、次のような意味があります。

《(和)silver+seat》電車・バスなどで、老人やからだの不自由な人のための優先座席。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「シルバーシート」

「シルバーシート」の使い方・例文

「シルバーシート」とは電車などに設けられた優先座席のこと。1973年、当時の国鉄が高齢者専用シートを導入した際、余っていた新幹線の座席用シートの布を流用して高齢者専用シートを作りました。その布が銀色だったことが「シルバーシート」という名の由来だそうです。

次に「シルバーシート」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

1.この車両には、4か所にシルバーシートがあります。
2.シルバーシートは高齢者だけではなく、妊婦や体の不自由な人なども利用できます。
3.最近ではシルバーシートと言うより、優先座席と言う方が一般的になってきた。

\次のページで「「シルバーシート」の英語での表現は?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: