国語言葉の意味

【慣用句】「身を引く」の意味や使い方は?例文や類語を元新聞記者が解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「身を引く」について解説する。

端的に言えば、身を引くの意味は「自ら退くこと」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

元新聞記者で、ライター歴20年のトラコを呼んだ。一緒に「身を引く」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ID: ↑パーツ内本文:76文字
akitabi

ライター/トラコ

全国紙の記者を7年。その後、雑誌や書籍、Webでフリーの記者などとして活動中。文字の正確さ、使い方に対するこだわりは強い。

ID: ↑パーツ内本文:61文字

「身を引く」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速、「身を引く」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

ID: ↑パーツ内本文:33文字

「身を引く」の意味は?

「身を引く」は慣用句・ことわざであり、「身を退く」と同じ意味です。次のような意味があります。

ID: ↑パーツ内本文:46文字

これまでの地位などから離れる。引退する。「現役から―・く」

出典:デジタル大辞泉(小学館)「身(み)を退(ひ)く」

ID: ↑パーツ内本文:58文字

「身を引く」は、言語的には「身を退く」と同じ意味であり、どちらも「みをひく」と読みます。意味は、それまでの地位や立場、立ち位置から自らの意思で離れる、退く、引退すること。

特に、「身を引く」という言葉は、恋愛において、恋のライバルに相手を譲り、その相手との恋愛が成就することを諦めることで用いられます。

ID: ↑パーツ内本文:152文字

「身を引く」の語源は?

次に、「身を引く」の語源を確認しておきましょう。

「身を引く」の語源は、ずばり「身を退く」です。なぜ「退く」が「引く」になったのか、身を退くのに「引退する」という意味もあるため、類義語として「引く」も使われるようになったと考えられます。

特に、「身を引く」は恋愛でよく用いられるため、「退く」より「引く」のほうが言葉として使いやすいのでしょう。

ID: ↑パーツ内本文:174文字
次のページを読む
1 2 3 4
Share:
akitabi