国語言葉の意味

「一人として」の意味や使い方は?例文や類語をプロダクション編集者がわかりやすく解説!

「一人として」の英訳は?

image by PIXTA / 71645097

「一人として」の英訳にはどのようなものがあるのでしょうか。英語で「一人として」と言い表す時の例をさっそく見ていきましょう。

「Not one of」

「Not one of」は「一人として」という意味です。「Not one of them knew him」で「一人として彼を知るものはいなかった」、「Not one of them showed up at the appointed place」で「一人として約束の場所に現れなかった」と言い表すことができますよ。

「一人として」を使いこなそう

この記事では「一人として」の意味・使い方・類語などを説明しました。「一人として」は「一人としていない」の形で、該当する人間がまったく存在しない様子を表す副詞。対象を個別に吟味した上で、該当する人間がまったく存在しないと判断を下すニュアンスがあり、しばしば慨嘆の暗示を伴うと解説しましたね。「一人として」は「一人も」に似ていますが、「一人も」は該当する人間がまったく存在しないことを客観的に表し、吟味したかどうかには言及しません。したがって「俺の跡を継ぐのは一人としていないのか」は「長男も次男もみんな継がないのは情けない」、「俺の跡を継ぐのは一人もいないのか」は「子供は全員跡を継いでくれない」というニュアンスになります。参考にしてくださいね。

1 2 3 4
Share: