国語言葉の意味

【慣用句】「首を傾げる」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターがわかりやすく解説!

この記事では「首を傾げる」について解説する。

端的に言えば首を傾げるの意味は「疑問に思う」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

多くの学術書を読み、豊富な知識をもつハヤカワを呼んです。一緒に「首を傾げる」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/ハヤカワ

学術書を中心に毎年100冊以上の本を読む、無類の本好き。人にさまざまな影響を与える言語、それ自体に強い興味をもち、言葉の細やかな表現にも並々ならないこだわりをもっている。

「首を傾げる」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「首を傾げる」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。読み方は「くびをかしげる」です。「首を傾げる」は慣用句の一種という点も抑えておきましょう。

「首を傾げる」の意味は?

「首を傾げる」というキーワードをネット上の辞典・辞書「コトバンク」で検索してみると、次のような記載があります。

1.疑問に思う。不審に思う。「それほどのことかと―・げざるをえない」

出典:デジタル大辞泉(小学館)「首を傾げる」

「首を傾げる」という単語は、なにか疑問や不審に思うことがある様子を表しています。なにか妙に思う出来事があり、自然と首が軽く傾く。映画やドラマなどでも、なにか疑問や不審を感じた人物が顎に手をやり、首を軽く傾ける仕草を見せることがありますよね。

「首を傾げる」はこうした、人が疑念を覚えた際の動作を比喩して使われている表現です「首を傾げる」は疑問や不審に思っているという比喩表現のため、実際には首を傾げる動作をとっていなくても使用します。「首を傾げる」という表現を使う時は、こちらの点に注意して使用していきましょう。

「首を傾げる」の語源は?

次に「首を傾げる」の語源を確認しておきましょう。「首を傾げる」は「小首を傾げる」とも表現されることがあります。江戸の頃は「小首をかたげる」という言い方をしていましたが、明治以降に「小首を傾げる」という言い方が一般的となりました

この「小」は接頭語であり「首」とあわせて、首をすこし動かす行為を表します。「傾げる」は字の通り、なにかを傾ける動作のことです。「小首を傾げる」は、この二つの単語を組み合わせ、軽く首を傾ける様子を表す単語となっています。

\次のページで「「首を傾げる」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: