国語言葉の意味

【慣用句】「肩すかしを食う」の意味や使い方は?例文や類語を日本文学部卒Webライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「肩すかしを食う」について解説する。

端的に言えば肩すかしを食うの意味は「うまくかわされて意気込みをそがれること」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

今回は日本文学部卒の現役WEBライター、ヒマワリを呼んだ。一緒に「肩すかしを食う」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/ヒマワリ

今回の記事を担当するのは、日本文学科卒で現役ライターのヒマワリ。専攻は近代文学だが、古典からマンガまで幅広く読んでいる。受験生家庭教師の経験を生かして、「肩すかしを食う」についてわかりやすく丁寧に説明していく。

「肩すかしを食う」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

肩すかしを食う」は「かたすかしをくう」と読みます。「肩透かしを食う」と漢字で書く事もありますね。わりと身近な慣用句ですが、「肩すかし」と言う言葉にあまり馴染みがありませんね。一体なんのことなのでしょう。

それでは早速「肩すかしを食う」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「肩すかしを食う」の意味は?

まず初めに「肩すかしを食う」の正確な意味を辞書からの引用で確かめてみましょう。「肩すかしを食う」には、次のような意味があります。

1.意気込んで臨んだら上手く躱されて気勢を殺がれること。

出典:実用日本語表現辞典(Weblio)「肩透かしを食う」

2.相手に意表に出られて、事が計画(予定)通りに運ばなくなる。

出典:新明解国語辞典(三省堂)「肩透かしを食う」

「肩すかしを食う」とは、意気込んで挑んだものの、予想に外れて大したことが無かったり、うまく躱されてしまい、意気をそがれてしまうことです。相手が人間にかぎらず、色々な物事にたいして用いられます。

 

「肩すかしを食う」の語源は?

次に「肩すかしを食う」の語源を確認しておきましょう。実は「肩すかし」は相撲の決まり手の名前です。さて、「肩すかし」とは、どんな技なのでしょう。

「肩すかし」とは、差し手で相手の腕のつけねを抱えるか、わきに引っかけるようにして前に引き、体を開きながらもう一方の手で相手の肩などを叩いて引き倒しす技です。「肩すかし」は、相手の勢いを真に受けず、躱しながらかける技で、このことから、勢いを殺されたり、躱されたりして意気をそがれてしまうことを「肩すかしを食う」と言うようになったのですね。

次のページを読む
1 2 3
Share: