英訳英語

【英語】「どっぷり浸かる」は英語でどう表現する?英訳や使い方・事例を専門家がわかりやすく解説!

「どっぷり浸かる」の英語での表現は?

image by iStockphoto

日本語の意味と使い方を復習したところで、いよいよ英語での表現を見ていきましょう。

「どっぷり浸かる」の英語表現

「どっぷり浸かる」の英語補表現の一つは「be up to one’s neck in 〇〇」です。「〇〇に深く関わる」と言うニュアンスで表現されています。

「one’s」には「どっぷり浸かる人」を、「〇〇」には「どっぷり浸かる対象」を入れて表現しましょう。

それでは、例文です。

1.She is up to her neck in Kathy’s concert. 
彼女はキャシーのコンサートにどっぷり浸かっていた。

2.When will you come home? – I’m sorry but I’m up to my neck in musical composition.
ねぇ、いつ家に帰ってくるの?ーごめん、今、作曲にどっぷり浸かってるんだ。

3.When I was young, I was up to my neck in radio. I was always listening to the radio.
若いときは、ラジオにどっぷり浸かっていたよ。僕はいつもラジオを聞いていた。

「up to one’s neck in 〇〇」と似たような英語表現・フレーズは?

最後に英語で使われる同じような意味を持つ表現を見ていきましょう。

似た表現「be immersed in 〇〇」

言い回しは異なりますが、下記でも「up one’s neck to 〇〇」と同じような意味を表現することができます。

それは「be immersed in 〇〇」です。「immerse」は「沈める」とか「没頭する」、「熱中する」という意味があります。be動詞を用いているので、受け身の文章です。
趣味やスポーツなどにどっぷり浸かることを表現したい時に使えるかもしれません。

それでは例文です。

\次のページで「「どっぷり浸かる」を英語で言ってみよう」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: