英訳英語

【英語】「もう一息」は英語でどう表現する?英訳や使い方・事例をドラゴン桜桜木とわかりやすく解説!

1.It’s almost done. But what is the problem. I know I need another effort.
もう少しで完成だ。だけど、何が問題なんだろう。あと一息なんだけど。

2.Jessy couldn’t pass the test. It was just another effort. – I know she was dissapointed. 
ジェシーはテストに受からなかった。あと一息が足りなかったんだよ。ー彼女がガッカリしてるの、わかったわ。

3.Listen. I wanted to do another effort. But I couldn’t have enough time.
聞いて。あと一息頑張りたかったんだ。だけど、時間が足りなかった。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

なるほど、「just one more effort」と「another effort」という言い方があるんだな。

どちらの表現も、簡単な単語を使っているな。どちらかというと、「just one more effort」のほうが、いろんなところで耳にすると感じるぞ。

「もう一息」を英語で言ってみよう

この記事では「もう一息」の意味・使い方・英訳を説明しました。

様々な場面で、「あともう一息だった」とか、「もう一息だ!」と誰かを応援したりすることがあるでしょう。英語表現をマスターして、いろんな人を励ましたり慰めたりしてみましょう。

英語の勉強には洋楽の和訳サイトもおすすめです。
1 2 3
Share: