国語言葉の意味

【慣用句】「手を上げる」の意味や使い方は?例文や類語を元広報紙編集者がわかりやすく解説!

この記事では「手を上げる」について解説する。

端的に言えば手を上げるの意味は「暴力を振るう」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

自治体広報紙の編集を8年経験した弘毅を呼んです。一緒に「手を上げる」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/八嶋弘毅

自治体広報紙の編集に8年携わった。正確な語句や慣用句の使い方が求められるので、正しい日本語の使い方には人一倍敏感。

「手を上げる」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「手を上げる」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「手を上げる」の意味は?

「手を上げる」には、次のような意味があります。

1.殴ろうとして、手を振り上げる。
2.降参する。
3.腕前や技量が上達する。

出典:明鏡国語辞典第三版(大修館書店)「手を上げる」

一言で「手を上げる」と言っても、いろいろな意味があります。乱暴を働く試合相手に負けて降参する、仕事の方法を覚えて技術が向上するなどです。なお「手を挙げる」という表現もあります。「上げる」と「挙げる」の違いを解説しましょう。「上げる」の反対は「下げる」ですが、「挙げる」はっきりとわかるように意思表示をする場合に使われます。このあたりの使い方がはっきりせず曖昧なときは、仮名書きにするようにしましょう。

「手を上げる」の語源は?

次に「手を上げる」の語源を確認しておきましょう。とはいっても語源らしい語源はありません。その見たままの動作を表します。「手を挙げる」との使い分けに自信がない場合は、前後の文脈から判断してください。また腕前が上がることは動作では判断できませんから、毎日観察していて成績が向上したり、周囲と比べて明らかに進歩したりしていた場合には「手を上げた」と考えていいでしょう。

そのほか「挙げる」という漢字を使う場合は、その言葉を言い換えたときに「挙」という漢字で表せるかに注目してみてください。例えば「結婚式を挙げる」は「挙式」と言い換えられますし、犯人を逮捕することは「検挙」と表現できますから「犯人を挙げる」が正しいとわかります。

\次のページで「「手を上げる」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: