国語言葉の意味

【ことわざ】「悪法もまた法なり」の意味や使い方は?例文や類語を超読書家Webライターがわかりやすく解説!

この記事では「悪法もまた法なり」について解説する。

端的に言えば悪法もまた法なりの意味は「悪い法律にも従わなければならない」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

絵本から専門書まで読み漁る本の虫、シクロを呼んです。一緒に「悪法もまた法なり」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/シクロ

絵本から専門書まで読み漁る本の虫。

知れば知るほど自分が知らないものが見えてくるため、読書の沼にはまっていく日々。哲学は多少かじったことがある程度だが、余生は哲学をして過ごしたいと考えている。

「悪法もまた法なり」の意味や語源・使い方まとめ

image by PIXTA / 73226459

「悪法もまた法なり」という言葉を聞いたことはあるでしょうか。法に関する言葉は意味も様々でありながら、言葉が生まれた文化を反映するものも多く、自然に使うことができるとそれだけで教養を感じさせるものです。手始めに「悪法もまた法なり」という言葉の背景までを含めて覚えてみてはいかがでしょうか。

それでは早速「悪法もまた法なり」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「悪法もまた法なり」の意味は?

「悪法もまた法なり」には、次のような意味があります。

1.たとえ悪い法律でも、通用しているうちは法律であるから、それに従わなければならないということ。

出典:用例でわかることわざ辞典(学研出版)「悪法もまた法なり」

「悪法」の意味は見たまま、悪い法律を指します。ここで言う悪い法律とは、道理に合わないものであったり、法律の本来の機能、すなわち秩序を保つという国家の役割を見失っているような法律を指しているものを指していると考えれば良いでしょう。

それでも法律として存在している以上は効力を有するため、従う他に選択肢はないということです。

「悪法もまた法なり」の語源は?

「悪法もまた法なり」の語源はソクラテスが発した言葉だという説がありますが、この説には根拠がありません

それもそのはずで、ソクラテスの時代の歴史を記した書物というものは大変貴重であり、それもソクラテスの弟子がソクラテスの言葉を書き留める形式で存在するのみだからです。それらの書物を写し続けることで現代にまで受け継がれてきました。

ここでソクラテスについても学んでおきましょう。ソクラテスは古代ギリシャの哲学者であり、弁証法で有名です。この弁証法は「無知の知」と呼ばれることもありますが、現代のクリティカルシンキングの基盤と言っても良いものですから、是非一度触れてみてはいかがでしょう。

さてそんなソクラテスですが、その最期は裁判によって死刑判決を下されて服毒によって死亡したとされており、なんとも過酷な最期です。その際に「悪法もまた法なり」という言葉を残したとの説がありますが、先ほども申し上げたように引用文なども存在せず、裏付けとなる証拠はありませんので注意してくださいね。

\次のページで「「悪法もまた法なり」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: