国語言葉の意味

「やれ」の意味や使い方は?例文や類語を雑学大好きwebライターがわかりやすく解説!

「やれ」の英訳は?

image by iStockphoto

では、「やれ」は英語で何と言うでしょうか。

「oh」「ah」

日本語同様に、英語にも多くの感嘆詞が存在します。

その中でも、日本語の「やれ」に近いと言えるのは「oh」(オー)や「ah」(アー)でしょう。どちらも、ふとした瞬間つい口から出る言葉です。また、「やれやれ」と「やれ」を連ねる場合には、「oh my」や「oh dear」などが良いでしょう。単語2つを使うことで、「やれやれ」の語感までも似せることが可能です。

その他にも、「come on」や「no way」など、これも感嘆詞なのかと思わせるフレーズもあります。しかし、中には人前で口に出すのをはばかられるものもあるため、注意しなければなりません。英語のスラング(俗語)は、そういったものが数多く生み出されています。日本語でも、「くそっ」や「ちくしょう」などと人に向けて言ってはならないのと同じです。

「やれ」を使いこなそう

この記事では「やれ」の意味・使い方・類語などを説明しました。

「やれ」や「おや」、「あら」や「まあ」など、つい口から出てしまう短い言葉があります。しかし、短いからといって、「やれ」に意味がないわけではありません。辞書で意味を説明するとなると、多くの行を必要とします。それだけ「やれ」は、いろいろな意味を持たせられる言葉です。さらに、驚きなどの気持ちを強調させたいときは、「やれやれ」と「やれ」を重ねると良いでしょう。

これ以上は長くなるので、ここで終わりとしましょう。やれ、私(ライター)も頭を悩ませるのはこれで終わりです。

1 2 3
Share: