この記事では「気が抜ける」について解説する。
端的に言えば「気が抜ける」の意味は「緊張していた状態がなくなってぼんやりする、アルコール類や炭酸飲料などに本来備わっている匂いや味が失われる」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。
ライターのflickerを呼んです。一緒に「気が抜ける」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/flicker

仕事柄、言葉からひらめきをもらうことがよくある。「なるほど。そういうことか!」と言葉への知識・関心がさらに一層広がるように、さらに編プロでの編集経験を活かし理解しやすい精確な解説を心掛ける。

「気が抜ける」の意味や語源・使い方まとめ

image by PIXTA / 41089421

それでは早速「気が抜ける」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「気が抜ける」の意味は?

「気が抜ける」には、次のような意味があります。

1 気持ちの張りがなくなる。「試験が終わって―・ける」

2 飲み物などの風味がなくなる。「―・けたビール」

出典:コトバンク

「気が抜ける」は物事が中断したり緊張をなくすようなことが起きたりして張り合いがなくなる、やる気を失う、拍子抜けする、ぼんやりするという意味があります。また、ビールなどの酒類や炭酸飲料などの味・香りなどがなくなる場合にも用いられる表現ですよ。

「気が抜ける」の語源は?

次に「気が抜ける」の語源を確認しておきましょう。それでは「抜」の漢字の成り立ちについて説明しましょう。「抜」は手を表す「扌」と、引っ張り出す意味の音を示す文字とを合わせた字。手で引っ張って「ぬく」意味を表します。

\次のページで「「気が抜ける」の使い方・例文」を解説!/

「気が抜ける」の使い方・例文

「気が抜ける」の使い方について例文を挙げて解説していきます。この言葉は、たとえば以下のように用いられますよ。

1.福祉施設の入居者の所に緊張感をもってグループボランティアに出かけた。ご利用者の篠崎晃一さんから鬼気迫る表情で地獄のような戦争の話を聞いた。危機一髪難を逃れ今は気が抜けて極楽の人生だとおっしゃられていた。

2.ふと立ち寄った雑貨店でお客が加圧効果でおすすめのサービスがあると話していた。聞き耳を立てていたらどうもグッズ販売の勧誘員らしく気が抜けたようになった。

3.あなたの話に夢中になっていたら、いつの間にか気の抜けた炭酸ソーダになっていた。

例文1からは貴重なお話を聞けた上に人の役に立てて満足している様子が伝わってきますし、例文2からは耳寄りな情報が聞けると期待していたのに拍子抜けした様子が伺えますね。また、例文3からは相当長い時間話し込んでいた様子が読み取れます。

「気が抜ける」の類義語は?違いは?

image by PIXTA / 41089386

「気が抜ける」と似たような意味をもつ言葉をご紹介します。さっそく見ていきましょう。

その1「しまらない」

「しまらない」は動詞「しまる」の打消し。「しまる」の意味を打ち消す他に、整っていずみっともない、かっこ悪いという意味になります俗語的で日常会話に多く登場し、かたい文章中には用いられません。例えば「彼は若い女を見ると途端にしまらない顔になる」のように名詞にかかる修飾語として用いられることが多く、「相手の女の子にデートを掛け持ちされるなんてしまらねえなあ」のように述語にもなりますが、その他の修飾語になることは稀です。

前者は目もと口もとがゆるみ、だらしない表情になるという意味、後者はかっこ悪い、みっともないという意味ですよ。なお、「かっこ悪い」「みっともない」に比べて侮蔑の暗示が少なく、みっともなさの程度も低いでしょう。ちなみに「気が抜ける」との違いは「しまらない」は不快の暗示が含まれるという点です。

\次のページで「その2「だらしない」」を解説!/

その2「だらしない」

「だらしない」は規律が感じられず整っていなくて不快な様子を表しますよ。人間の外見についていう場合や、内面や行為についていう場合などがあります「だらしない」は整っていない状態についていの見る者の不快感を表す語なのでとても主観的でしょう。例えば「そんなだらしない着物の着方をするな」は着物がゆるんでいるような着方をいい、そういう着方についての見る者の不快感を表明しています

また「彼は飲み屋でだらしなく眠りほうけていた」はきちんと床について寝ているのではなく、飲み屋で(おそらく日常着を着たまま)仮眠している状態を見て不快だと言っていますよ。「彼の生活態度はだらしない」は生活態度が規則正しくなくて、働いたり働かなかったりしている様子を表しますし、「係長は仕事がだらしないから部下が大変だ」は仕事のけじめがつかず、後始末などもきちんとしない様子を表します

「奴は女にだらしない」の「女にだらしない」は慣用句で、女性とやたらに交渉をもちたがるという意味。「だらしない」が服装など外観について用いられた場合には「しどけない」に近い意味になりますが、「しどけない」ではたるんでゆるみのある状態をやや客観的に表し、「だらしない」に暗示されている不快感は少ない表現になっています

また、「しどけない」は大人の女性について用いることが多く、それ以外の対象についてはふつう用いられません。そのため「帯をだらしなく結ぶのがはやっている」は誤用となり、正しくは「帯をしどけなく結ぶのがはやっている」となります。なお「気が抜ける」との違いは「だらしない」には侮蔑の暗示が含まれている点ですよ。

その3「かったるい」

「かったるい」は「あいつの仕事ぶりはかったるい」や「こんなかったるい話に付き合ってられるか」などのように、体や気分が疲れて重く感じる様子を表します関東方言から共通語化した語で、俗語的でかたい文章中には登場しません「かったるい」は全身状態または気分が重くだるいという場合が多く、からだの一部について用いることは多くありません。また、「だるい」に比べると病的なニュアンスが少なく、「かったるい」原因としては肉体的・精神的疲労が暗示されていますよ。ちなみに「気が抜ける」との違いは「かったるい」は不満の暗示が含まれている点です。

「気が抜ける」の対義語は?

「気が抜ける」と反対の意味に近い言葉をご紹介します。さっそく見ていきましょう。

その1「きっ」

「きっ」は怒り・決意・警戒などで瞬間的に態度に緊張が現れる様子を表す表現。「犬は怪しい物音を聞きつけて耳をきっと立てた」は「と」が付いて述語にかかる修飾語になりますし、「彼女はきっとなって反論した」は「と-なる」が付いて述語になります。後者は怒り、前者は警戒のために態度が緊張しているという意味。激しさ・真剣の暗示はありますが、慨嘆などの暗示はありません。この「きっと」は「きりっと」似ていますが、「きりっと」は緊張を美的にとらえているニュアンスがあります。

その2「きりっ」

「きりっ」はたるみやゆるみがなく緊張している様子を表します。例えば「紬の着物に博多帯をきりっと締める」「口元をきりっと引き結んだ表情が凛々しい」は「きりっと」の形で述語にかかる修飾語になりますよ。前者は物理的に緊迫するという意味、後者は緊張が感じられるという意味、美と快感の暗示がありますよ。

「きりっとした後味のビール」は比ゆ的に苦みや刺激が爽快であるという意味で、「きりっとした」の形で名詞にかかる修飾語になります。この「きりっと」は「きちっと」や「ぴしっと」に似ていますが、「きちっと」は規範の暗示がありますし、「ぴしっと」は端正・厳格の暗示がありますよ。そのため「和服をきりっと着る」は「帯をきつく締めて」、「和服をきちっと着る」は「正しく着つける」、「和服をぴしっと着る」は「襟元を整えて」というニュアンスになります。

\次のページで「「気が抜ける」の英訳は?」を解説!/

「気が抜ける」の英訳は?

image by PIXTA / 41089503

「気が抜ける」の英訳にはどのようなものがあるのでしょうか。英語で「気が抜ける」と言い表す時の例をさっそく見ていきましょう。

「become stale」

「become stale」は「乾枯らびる、気が抜ける」という意味です。「All at once, I become stale and collapsed」で「一気に気が抜けて崩れ落ちてしまった」、「This beer become stale and unappetizing」で「このビールは気が抜けて美味しくない」と書き表すことができますよ。

「気が抜ける」を使いこなそう

この記事では「気が抜ける」の意味・使い方・類語などを説明しました。「気が抜ける」は物事が中断したり緊張をなくすようなことが起きたりして張り合いがなくなる、やる気を失う、拍子抜けする、ぼんやりするという意味や、ビールなどの酒類や炭酸飲料などの味・香りなどがなくなる意味があると解説しましたね。また、類語には「肩を落とす」「気を落とす」「力を落とす」などがありますよ。参考にしてくださいね。

" /> 【慣用句】「気が抜ける」の意味や使い方は?例文や類語をプロダクション編集者がわかりやすく解説! – Study-Z
国語言葉の意味

【慣用句】「気が抜ける」の意味や使い方は?例文や類語をプロダクション編集者がわかりやすく解説!

この記事では「気が抜ける」について解説する。
端的に言えば「気が抜ける」の意味は「緊張していた状態がなくなってぼんやりする、アルコール類や炭酸飲料などに本来備わっている匂いや味が失われる」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。
ライターのflickerを呼んです。一緒に「気が抜ける」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/flicker

仕事柄、言葉からひらめきをもらうことがよくある。「なるほど。そういうことか!」と言葉への知識・関心がさらに一層広がるように、さらに編プロでの編集経験を活かし理解しやすい精確な解説を心掛ける。

「気が抜ける」の意味や語源・使い方まとめ

image by PIXTA / 41089421

それでは早速「気が抜ける」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「気が抜ける」の意味は?

「気が抜ける」には、次のような意味があります。

1 気持ちの張りがなくなる。「試験が終わって―・ける」

2 飲み物などの風味がなくなる。「―・けたビール」

出典:コトバンク

「気が抜ける」は物事が中断したり緊張をなくすようなことが起きたりして張り合いがなくなる、やる気を失う、拍子抜けする、ぼんやりするという意味があります。また、ビールなどの酒類や炭酸飲料などの味・香りなどがなくなる場合にも用いられる表現ですよ。

「気が抜ける」の語源は?

次に「気が抜ける」の語源を確認しておきましょう。それでは「抜」の漢字の成り立ちについて説明しましょう。「抜」は手を表す「扌」と、引っ張り出す意味の音を示す文字とを合わせた字。手で引っ張って「ぬく」意味を表します。

\次のページで「「気が抜ける」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: