この記事では「気合いが入る」の英語表現について解説する。

この言葉の代表的な英訳は「be fired up」ですが、幅広い意味やニュアンスを理解すると英語でも使いこなせるシーンが増えるぞ。

TOEIC645点で、元英語講師であるライターLillygirlを呼んです。一緒に「気合が入る」の英訳や使い方を見ていきます。

ライター/Lillygirl

中学時代に苦手だった英語を克服した、元英語講師。わかりやすい説明をモットーに英語の解説に励む。

「気合いが入る」の意味と使い方は?

それでは、「気合いが入る」の意味と使い方をまずは見ていきましょう。

「気合いが入る」の意味

「気合いが入る」には、次のような意味があります。

<気合>

1.精神を集中させて事に当たるときの気持ちの勢い。
2.呼吸。いき。
3.その場の状態や雰囲気。
4.   気性。きだて。
5.   心持ち。気分。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「気合」

「気合いが入る」の使い方・例文

次に「気合いが入る」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

1.最後の試合だからと、彼女は気合いが入っていた。
2.気合いが入ると仕事が早い。
3.気合いが入るまでに時間がかかる。

\次のページで「「気合いが入る」の英語での表現は?」を解説!/

「気合いが入る」の英語での表現は?

image by iStockphoto

日本語の意味と使い方を復習したところで、いよいよ英語での表現を見ていきましょう。

「気合いが入る」の英語表現

「気合いが入る」の英語表現の一つは「be fired up」です。「fire up」は「人を興奮させる」とか「奮い立たせる」という意味。「be fired up」と受け身の表現にすることで、「気合いが入る」という表現になります。

どんなふうに使えるか、例文で考えてみましょう。

1.When she entered the court, she was fired up.
彼女はコートに入ると、気合いが入る。

2.In the morning of an exam day, I am always fired up. - That's good. I hope you do the best.
試験日の朝は、いつも気合いが入るんだ。ーそれはいいわね。ベストを尽くせるって信じてるわ。

3.I thought Dave was fired up when he get together with his team.
わたしは、デイブは仲間と集まった時に気合いが入ったんだろうと思った。

「be fired up」と似たような英語表現・フレーズは?

最後に英語で使われる同じような意味を持つ表現を見ていきましょう。

似た表現「to put one's heart and soul into something」

言い回しは異なりますが、下記でも「be fired up」と同じような意味を表現することができます。

それは「to put one's heart and soul into something」です。この表現は「情熱を物事に注ぐ」とか「気持ちや心を何かに向ける」というふうなニュアンスがあります。それで、「気合いが入る」とも訳せるでしょう。

「one's」には「気合いを入れる人」、「something」には「気合いを入れる対象」が入ります。それでは、例文です。

\次のページで「「気合が入る」を英語で言ってみよう」を解説!/

1.He finally put his heart and soul into his new job.
彼はやっと新しい仕事に対しての気合いが入った。

2.I don't know why you falied the basic class' exam. - I couldn't put my heart and soul into the exam.
どうして初級クラスの試験に受からなかったのかわからないわ。ー気合いが入らなかったんだ。

3.Don't forget to put your heart and soul into your study.
研究には気合いを入れて臨むことを忘れないでね。

「気合が入る」を英語で言ってみよう

この記事では「気合が入る」の意味・使い方・英訳を説明しました。

「気合が入る」という表現は、様々な場面で使うと思います。英語でもさらっと表現できるように、今回考えた表現を練習してマスターしましょう。

英語の勉強には洋楽の和訳サイトもおすすめです。
" /> 【英語】「気合いが入る」は英語でどう表現する?英訳や使い方・事例を専門家がわかりやすく解説! – Study-Z
英訳英語

【英語】「気合いが入る」は英語でどう表現する?英訳や使い方・事例を専門家がわかりやすく解説!

この記事では「気合いが入る」の英語表現について解説する。

この言葉の代表的な英訳は「be fired up」ですが、幅広い意味やニュアンスを理解すると英語でも使いこなせるシーンが増えるぞ。

TOEIC645点で、元英語講師であるライターLillygirlを呼んです。一緒に「気合が入る」の英訳や使い方を見ていきます。

ライター/Lillygirl

中学時代に苦手だった英語を克服した、元英語講師。わかりやすい説明をモットーに英語の解説に励む。

「気合いが入る」の意味と使い方は?

それでは、「気合いが入る」の意味と使い方をまずは見ていきましょう。

「気合いが入る」の意味

「気合いが入る」には、次のような意味があります。

<気合>

1.精神を集中させて事に当たるときの気持ちの勢い。
2.呼吸。いき。
3.その場の状態や雰囲気。
4.   気性。きだて。
5.   心持ち。気分。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「気合」

「気合いが入る」の使い方・例文

次に「気合いが入る」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

1.最後の試合だからと、彼女は気合いが入っていた。
2.気合いが入ると仕事が早い。
3.気合いが入るまでに時間がかかる。

\次のページで「「気合いが入る」の英語での表現は?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: