英訳英語

【英語】「筋金入り」は英語でどう表現する?英訳や使い方・事例をドラゴン桜桜木とわかりやすく解説!

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

ここで見たように、「筋金入り」には複数の意味があるぞ。大体、身体や精神が鍛え上げられていて、真が強い人のことを表すような時に使う言葉だったな。次にこの言葉を英語でどう表現できるか見ていこう。

「筋金入り」の英語での表現は?

image by iStockphoto

日本語の意味と使い方を復習したところで、いよいよ英語での表現を見ていきましょう。

「筋金入り」の英語表現

「筋金入り」の英語表現はいくつかあります。その一つは「hard-core」です。「hard-core」には「中核」という意味が含まれていたり、「徹底した」という意味が含まれています。

何かの中核をなす存在であったり、芯のしっかりした人や物であることを表す時に用いることができる表現です。

どのように使えるか、例文で考えましょう。

1.Don’t say something stupid in front of Mr.Ken. He is a hard-core educator.
けんさんのまえで、馬鹿な真似はするなよ。彼は筋金入りの教育者だからな。

2.Do you know about Dave? He is a hard-core fisher man. He knows everything about the lake.
デイブを知ってるかい?彼は筋金入りの漁師なんだ。この湖のことならなんでも知ってる。

3.I heard that you are a hard core shef of Japanese restaurant. – I don’t know why people saying like that.
あなたは、筋金入りの日本料理店のシェフだとお伺いしたのですが。ー 僕は皆がなぜそう言うのか知らないけどね。

「hard-core」と似たような英語表現・フレーズは?

最後に英語で使われる同じような意味を持つ表現を見ていきましょう。

似た表現「staunch」

言い回しは異なりますが、下記でも「staunch」と同じような意味を表現することができます。

staunch」は「しっかりした」とか「当てになる」、「信頼できる」という意味。先ほどの、「hard core」よりは柔らかな表現と言えるかもしれません。また、意味も「hard core」より広い意味で用いることができるでしょう。

それでは、例文を考えてみましょう。

\次のページで「「筋金入り」を英語で言ってみよう」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: