国語言葉の意味

「堅」の意味や使い方は?例文や類語を読書家Webライターがわかりやすく解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「堅」について解説する。

端的に言えば堅の意味は「しっかりしている」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

整骨院の院長をしながら、読書好きなWebライターとしても活動中のくっつんを呼んだ。一緒に「堅」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/くっつん

整骨院の院長として普段から難しい言葉を、簡単に伝えることが得意。人に分かりやすい説明をするために、1週間に1冊は本や小説を読んでいるから、難しい言葉にも慣れている。学生時代は国語が得意だった。

「堅」の意味や語源・使い方まとめ

image by PIXTA / 78787466

それでは早速「」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。「」は音読みで「ケン」。訓読みで「かた(い)」と読みます。画数は12画で、部首はつちへんです。書き順は臣、又、土という順に書きます。中学生で習う漢字の一つです。あなたのお知り合いの中に「」という漢字を使った人名の方はいるでしょうか。

例えば、シンガーソングライターの平井堅さんや元プロボクサーの具志堅用高さんが「堅」という字が使われる人で最も有名かもしれません。他にも「堅太郎」(けんたろう)「堅次」(けんじ)という名前の方はいますでしょうか。日本の地名で沖縄県の津堅島(つけんじま)や青森県の堅田(かただ)があります。

「堅」の意味は?

「堅」には、次のような意味があります。

1.引き締まってかたい

2.しっかりしている

 

出典:デジタル大辞泉(小学館)「堅」

1つ目の意味の引き締まってかたいは物の頑丈さを表すときに使います。堅固、堅甲、堅牢などと使うことが可能です。2つ目のしっかりしているは意志が固まっている状態を表します。堅持、堅実、堅忍、中堅などと使うことが可能です。

どちらも大まかに強さや丈夫さを表すようなニュアンスで使われる意味を含んでいます。堅を含んだ樫(がし)や似ている竪(たて)という漢字がありますので、誤字や脱字には十分注意してください。

 

「堅」の語源は?

次に「堅」の語源を確認しておきましょう。「堅」という漢字の成り立ちは、臤と土という漢字を合わせたものです。臤の臣という字には目を見開いた目の象形。又は右手の象形。土は土地の神を祭わるため柱状に固めた土の象形のことを表します。つまり、神のしもべの目をキズつけることで、体を固くさせることとかたい土を意味する「かたい」から「堅」という漢字が成り立ちました。

土はもともとは岩石が分解して粗い粉末になったものなので非常に柔らかいですが、水を含んだりするとかたくなります。土のような柔らかいものでも、かたくなる様子を表しているのでしょう。

\次のページで「「堅」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: