国語言葉の意味

「憎まれ口を叩く」の意味や使い方は?例文や類語を元予備校校舎長がわかりやすく解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「憎まれ口を叩く」について解説する。

端的に言えば憎まれ口を叩くの意味は「憎まれるような口をきく」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

元大手予備校校舎長で国語指導歴が長く、現在は教育系専門ライターのみゆなを呼んだ。一緒に「憎まれ口を叩く」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/みゆな

元大手予備校校舎長、現在は教育系のライター。国語、特に現代文の指導経験が豊富。難解な言葉や表現を中高生がスラスラ理解できるように解説するのが大得意。

「憎まれ口を叩く」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

憎まれ口を叩く」は文章中でも会話でも使える、便利な表現です。「憎まれ口を叩く」と言い表すのがピッタリの場面には誰もが遭遇したことがあるでしょうし、実際に使ったことがある人もいるかもしれません。今回は「憎まれ口を叩く」の正しい使い方や、またなぜ「叩く」と言うのかを解説します。最後まで読み、さっそく今日から表現のバリエーションに加えましょう!

それでは「憎まれ口を叩く」について、深く見ていきます。

「憎まれ口を叩く」の意味は?

「憎まれ口を叩く」の元になっている言葉は「憎まれ口」ですね。辞書で調べると、次のような意味が載っています。

人に憎まれるようなことを言うこと。また、その言葉。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「憎まれ口」

「憎まれ口」とは、人に憎まれる、つまり「嫌がられたり、後ろ指を指されたりするようなことを言う態度、悪態」を指します。「憎まれる(ようなことを言う)口」という意味です。

ちなみに「憎まれ口を”叩く”」は、ほかに「憎まれ口をきく」と言うこともできます。どちらも意味や使い方は同じですから、合わせて覚えておきましょう。

「憎まれ口を叩く」の語源は?

「憎まれ口を叩く」の「憎まれ口」はわかりましたが、「叩く」という動詞を使うのはなぜでしょうか?

実は「叩く」は「太鼓を叩く」という意味で使う「手を何度も打つ」という意味のほかにも、実にさまざまな意味があります。その中の一つに、「さかんに、またいろいろに言う」というものがあるのです。この意味で使われる「叩く」は、多くが「~口を叩く」という慣用表現になります。たとえば、「無駄口を叩く(不要なことばかり言う)」「陰口を叩く(悪口ばかり言う)」が当てはまりますね。

「憎まれ口を叩く」も、実は「憎まれ口」+「叩く」と分解でき、「相手に嫌われるようなこと」+「さかんに言う」という構造になっているのです。

\次のページで「「憎まれ口を叩く」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: