国語言葉の意味

【慣用句】「足蹴にする」の意味や使い方は?例文や類語を校正者が解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「足蹴にする」について解説する。

端的に言えば足蹴にするの意味は「相手の価値を認めずひどい扱いをする」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

広告や書籍で13年の経験を積んだ現役校正者の朱月を呼んだ。一緒に「足蹴にする」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/朱月

誤字脱字と日々格闘する、文学部出身の校正者。13年の校正経験を生かし、丁寧に解説する。

「足蹴にする」の意味や語源・使い方まとめ

image by PIXTA / 30451311

「足蹴にする」という言葉を聞いたことはありますか?中には、意味をよく知らないという人や「蹴るという字が入っているし、あまり良い意味ではないのかも?」と思う人もいるかもしれませんね。

それでは早速「足蹴にする」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「足蹴にする」の意味は?

「足蹴にする」には、次のような意味があります。

1.〔人や動物を〕足でける。あしげをかける。「腹をー」
2.〔価値を認めず〕ひどいあつかいをする。「これまでの業績をー」

出典:三省堂国語辞典(三省堂)「足蹴にする」

1は文字通りの意味が載っていますね。人や動物(動物を蹴るのはあまり穏やかではありませんが)、ボールなどを蹴る時の「足蹴にする」です。慣用句としての「足蹴にする」は2の意味が強くなります。

古文の授業で「け・け・ける・ける・けれ・けよ」と、下一段動詞「蹴る」の活用を暗記したことはありませんか?「足蹴にする」で使われている「蹴」は、その「蹴る」の連用形「け」です。「足蹴りにする」と言いたくなる人もいるかもしれませんが、ここでの「蹴る」は五段活用の現代語「蹴る」ではありませんので、注意しましょう。

「足蹴にする」の語源は?

次に「足蹴にする」の語源を確認しておきましょう。

「足蹴」とは「足で蹴ること」であると、先ほど取り上げた辞書には載っています。「足蹴にする」は、もともとは人や動物、ボールや石などを蹴ることをさす言葉でした。そこから慣用表現の「ひどいあつかいをする」の意味に転じていったと考えられます。

「足蹴にする」の使い方・例文

「足蹴にする」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: