国語言葉の意味

「立ち竦む」の意味や使い方は?例文や類語を日本文学科卒Webライターがわかりやすく解説!

この記事では「立ち竦む」について解説する。

端的に言えば立ち竦むの意味は「立ったまま動けなくなること」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

日本語が好きで日本文学科を卒業したハルを呼んです。一緒に「立ち竦む」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/ハル

日本語が大好きで日本文学科を卒業。現在は子供が言葉を覚えていく様子を見ながら日本語の奥深さを実感中。多くの人にそのよいところを紹介したいとの思いを込めて丁寧に解説する。

「立ち竦む」の意味や語源・使い方まとめ

image by PIXTA / 39671354

「立ち竦む」という言葉、何と読むかご存じですか。読み方がわかれば、きっと知っている言葉だと思います。それでは早速「立ち竦む」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「立ち竦む」の意味は?

まず初めに、辞書で「立ち竦む」の意味を確認してみましょう。「立ち竦む」には、次のような意味があります。

1.恐ろしさや驚きなどで、立ったまま動けなくなる。
2.身動きしないで、立ちつづける。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「立ち竦む」

もうわかりましたか。「立ち竦む」は「たちすくむ」と読みます。恐怖や驚きなどで、その場から動けなくなることを表す言葉です。「身動きしないで立ち続ける」という2番の意味は『源氏物語』「宿木」に「腰痛きまで立ち竦み給へど」と登場しますが、現代では主に1番の意味で使われていますね。

「立ち竦む」の語源は?

次に「立ち竦む」の語源を確認しておきましょう。

「竦」という漢字は「立」と「束」で成り立っています。つまり、足が棒を束ねたようにまっすぐに固まった状態で突っ立っている様子を表しているのです。「竦む」には「驚きや恐れ、極度の緊張などのためにからだがこわばって動かなくなる」「からだが小さくなる」といった意味があります。ですから「足が竦む」や「竦み上がる」は、「立ち竦む」と同様に恐ろしさのあまり動けなくなることを表し、「射竦める」は、反対に自分が視線で相手を委縮させ動けなくさせることを表す言葉なのですね。また恥ずかしさで体が動けなくなることを「身を竦める」と表現します。この「竦む」と「立つ」を合わせて、緊張のために立ったまま動けなくなることを表現しているのです。

\次のページで「「立ち竦む」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: