国語言葉の意味

【慣用句】「我が意を得たり」の意味や使い方は?例文や類語をたくさんの文章を使ってきたライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「我が意を得たり」について解説する。

端的に言えば我が意を得たりの意味は「物事が自分の思い通りになる」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

大手企業に35年以上勤務し、仕事でたくさんの文章を扱ってきたベテランのKAIKAIを紹介しよう。一緒に「我が意を得たり」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/KAIKAI

東京の大手企業に35年以上勤務し、仕事でたくさんの文章を扱ってきた経験を持つ。学生時代から国語が得意で言葉やことわざの意味には自信あり。

「我が意を得たり 」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「我が意を得たり」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「我が意を得たり」の意味は?

「我が意を得たり」には、次のような意味があります。

物事が自分の思い通りになること。あるいは、自分の考えが他人と一致することなどを意味する表現。

出典:実用日本語表現辞典 「我が意を得たり」

「我が意を得たり」とは「自分の考えや気持ちとある行動の結果が結果が少しのぶれもなく完全に合致すること」です。自分の望む通りになることで気分がよくなって「これはしめた」と思わず心の中で笑いたくなるような状態ですね。

「我が意を得たり」の語源は?

次に「我が意を得たり」の語源を確認しておきましょう。

「我が意」とは「自分の思惑」という意味です。「得たり」とは「得」(う)の連用形に「たり」という完了の助動詞が続いて「我が意を得たり」となりました。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: